1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

リモコンの電源ボタンを長持ちさせる3つの裏技!

リモコンの電源ボタンは、いちばん最初に故障しやすい部分です。そんな壊れやすい電源ボタンを長持ちさせる方法とは。

更新日: 2013年12月01日

132 お気に入り 57924 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

solmesさん

リモコンの電源ボタンって、壊れやすくない?

いちばん大事なボタンなのに・・・

テレビのリモコンに存在を無視された……電源ボタン20回くらい押してようやくテレビが点いた……ナニコレ……

テレビのリモコンがどんどん壊れてくwwwww 電源ボタンは前から壊れてたけど番組表のボタンもきかなくなったwwwww

ちょっとイライラしてしまう・・・

テレビのリモコンの電源ボタンが壊れたみたい。修理できないのかな?できないんだろうな。

電源ボタンが壊れやすい理由とは

電源ボタンはよく押すボタンですし、何故か一番力の入りやすいボタンですので悪くなりやすい部分

汚れによる接触不良、部品の劣化、ボタンの押し方などが主な原因のよう。

確かに電源ボタンを押す時って、必要以上に力を入れている気がする。

リモコンの電源ボタンを長持ちさせる方法

◎掃除をする

出典nanapi.jp

こまめに掃除することで、汚れを溜めずリモコンを壊れにくくする。

リモコンの掃除にはハンドクリームをほんのちょっぴり塗りこんだ綿棒で掃除。 家の中に何種類もあるリモコン。 意外とホコリが付きやすいんですよね。 綿棒だけでとるよりも、ハンドクリームをちょこっと付けるだけで 断然、汚れの落ち方が違うとか。試してみる価値アリです。

◎汚れを防ぐ

リモコンをラップで包んだり、リモコンになるべく外的な要因を作らない事が長持ちする秘訣

@sasadonburi うちのおばあちゃんテレビのリモコンをラップで巻いてた。なんじゃこりゃぁ!とか思ったけど、ジュースとかこぼすし、、私も巻いちゃおうかな~(*´艸`)

100円ショップでフィルムのドライヤーで縮む「リモコンラップカバー」をほとんどのリモコンに使ってます。

こういうものでリモコンを包むと汚れがつかなくなり、ラップは交換すればいいので衛生的でもあります。

フタの無いシンプルなリモコンにはこれが便利そうです。

◎接触不良には

ボタンの接点が劣化によって無くなってしまっている場合には、アルミテープなどを利用して接点を代用するという方法が効果的です。

リモコンのカバーを外して、小さく切ったアルミテープを電源ボタンの裏に貼付けます。そうすることで接触が良くなることがあるそうです。

注意点としては、電化製品の分解・修理はメーカー保証外となる場合があるので、リモコンの修理をする場合には自己責任で行うことを認識しておきましょう。

リモコンに優しくなろう!

機械は壊れるものという認識を持ちながらも、少しでも長く快適に使用するために、乱暴にしないで優しく取り扱いましょう。

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1