1. まとめトップ

アメリカ留学!学生ビザ取得の流れ「まとめ」

アメリカ語学留学 F1(学生)ビザ取得の流れ まとめ

更新日: 2017年03月25日

11 お気に入り 1042 view
お気に入り追加

1 行き先(地域)を決める!

人気のあるのが、ロサンゼルス、ニューヨークなどの大都市への留学だが、はっきり決まっていない場合は、各地域の特徴をまず調べてみよう。
http://www.americaryugaku.info/

2 学校・滞在方法を決める!

情報収集は留学業者に任せる!アメリカには多くの語学学校があり、地域によって特徴や生活スタイル、費用なども変わってくる。個人で調べるには限界があるので・・・
学校を選ぶポイントは、何が目的で留学するのか?予算はいくらまでか?期間はどのくらいか?など優先順位をつけてみること。
滞在先は多くの学校が斡旋していることが多いので、ホームステイ、学生寮、アパート、ホテルなど、どのような滞在方法があるか学校に確認すること。

3 学校・滞在先申し込み!

学校・滞在先の申込方法は大きく分けて3つ
1、オンラインで申し込む。
2、申込書をダウンロードして送る。


主な必要書類
・申込書
・パスポートのコピー
・残高証明(英文):コピーで大丈夫な場合もある
*学校によっては、TOEFLスコアや最終学歴の証明(英語)が必要になることもある。

通常、必要書類はスキャンしてメール添付で送るか、郵送で送ります。

4 支払い!

学校から請求書が届くので、指定先へ支払い。
支払い方法(例)
・オンラインペイメントの場合:クレジットカードを利用してお支払いください。
・マネーオーダーの場合:金融機関で作成し学校へ送ってください。
・銀行振込の場合:金融機関に行ってお支払い下さい。

5 I-20が届く!

VISA面接に必要な学校からの書類(I-20)が届きます。

I-20のサンプル!

氏名、学校名、必要な学費、卒業予定日 、SEVIS番号、などが1枚目、2枚目は説明書き、3枚目は学校担当者用の記入欄。

DS160作成時にI-20右上のSEVIS番号(Nから始まる番号)と2項目の下段学校コード(●●●214F●●●)が必要になります。

6 F1(学生)ビザ面接に必要な書類を集める!

・パスポート
・カラー写真
・I-20:語学学校が作成
・財政証明(英文):銀行が作成
・最終学歴証明書(英文):卒業した学校が作成←2016年以降不要になったといわれるがあった方が良い
・DS-160:https://ceac.state.gov/genniv/
・SEVIS費確認書:https://www.fmjfee.com/i901fee/index.jsp
・面接予約確認書:http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-appointmentschedule.asp
・ビザ申請料金(160ドル)領収書:面接予約作成途中に支払い方法が出てきます。 
・クリアファイル

7 F1(学生)ビザ面接!

アメリカ大使館でのビザ面接の流れをYOUTUBEで確認。
東京・大阪以外での領事部でビザ面接を受ける場合は、手順が異なる場合があるので各領事館で確認しよう。

8 F1(学生)ビザ取得!

ビザ取得後、渡米前に下記の確認をしよう。
・滞在先や空港送迎を申込んだ人は航空券の手配後に到着日時を必ず学校、へ伝えること。
・万が一の時のため海外保険保険の加入すること。
・住民票や国民健康保険、国民年金など留学中にどのようにするか考えた方るのも必要!

9 渡米!

1





アメリカ留学が身近になるといいですね!
ロサンゼルス留学専門
http://www.laryugaku.net/
アメリカ留学専門
http://www.americaryugaku.info/

このまとめに参加する