1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

砂漠の中に30年かけて作られたカラフルな山は「愛」で溢れていた!

アメリカのカリフォルニアの砂漠の中に突然あらわれる色鮮やかな丘。レオナード・ナイト氏がおよそ30年の日々をつぎ込んで作りつづけたアート作品です。テーマは「神は愛」ということで、それを伝えるためにいろいろなものがカラフルに彩られています。とにかくとってもかわいいスポットです!

更新日: 2018年01月24日

2629 お気に入り 555679 view
お気に入り追加

真っ青な空とそれに負けないくらい強烈な色、色、色。

一度は行きたいなぁサルベーションマウンテン!色んな思いを無視するのは失礼かもしれんけど、ただただ可愛い!見てみたい!って思う!行きたいな~

作品の上にのぼったり、中に入ったりもできます

階段になった黄色い部分を歩いて上にのぼることができます。

黄色のラインが歩くコースらしく、他の部分は歩かないようにと注意書きがありました。 頂上までは5分程度。

救いの山を登るときはイエロー・ブリック・ロード (Yellow Brick Road) を通ります。

礼拝堂のようになっている。ここでレオナードは神に祈りをささげているのだろうか?

聖書の言葉や宗教的なメッセージばかりでなく、様々な樹木、青い鳥、花、滝、太陽などカラフルな物や風景を描き続けているのだ。

色々な乗り物もLOVEが溢れています

行くのはかなり大変なのでツアーを利用したほうがよさそう

サルベーションマウンテンは砂漠の中にあるため アクセスがなかなか大変...車で行くしか方法がありません。

サルベーションマウンテンは砂漠の中にあってロサンゼルスから行くのに3時間くらいかかる

写真をたっぷりどうぞ~

見る角度や位置によって様々な表情を見せてくれます。

1 2 3





このまとめへのコメント7

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1