1. まとめトップ
  2. カラダ

3つの“首(クビ)”で寒い冬を乗り切る方法

これからの季節、女性を悩ませるのが“冷え”。解消するには「首・手首・足首」を温めるといいといわれているのを知っていますか?

更新日: 2017年12月21日

24 お気に入り 73149 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tainoyoさん

首・手首・足首の“3つの首”でからだの冷えを解消

西洋医学では、首・手首・足首は皮膚が薄く、温めると皮膚下を流れる血液も同時に温まり、その血が流れることで体が温まると考えられています。

東洋医学では、足首には冷えの原因の血行不良を改善する三陰交というツボがあり、押すと冷えが解消されるといわれています。また、首の後ろには風池や風門など、冷やすと風邪をひきやすくなるという“風”のつくツボが多くあり、そこを温めると良い

3つの首を冷やさない!

「首」「手首」「足首」です。この3つを冷やさないように、 マフラーや靴下などをしっかり履くなどして対策して下さい。

「首」・「手首」・「足首」。この3つの首の共通項は皮膚が薄いということですね!
ということは、外から温めるアプローチをすれば、皮膚の下にその熱が伝わりやすく、温まった血液が体全体に流れることによって冷えの改善に繋がるわけです!

この部位を暖めると血流がよくなり、体全体が冷えるのを防ぐと言われています。つまり、冷え対策には「血行が大事」ということです。血行が促進されると顔のむくみやくすみも取れて、スッキリとした表情になってきます。

①首

ハイネックやタートルネックなどの襟のつまった衣類を着ることが有効です。もし襟の開いた服ならば、首元にスカーフ等を一枚巻くだけでも違います。また普通のマフラーは家の中では邪魔ですが、首の部分だけを温める「ネックウォーマー」を利用すれば、首元もすっきりと温かく過ごせるでしょう。

首回りは特に大事です。頭を支えている首は筋肉が緊張して、血流が悪くなりやすい環境にあります。首を温めてあげることによって、血流が良くなり体全体が温まります!例えば、ストールなどでしたら、オフィスでしていても目立たずに活用できますね。

②手首

手首はできるだけ袖のつぼまった衣類を着ることです。家の中だけであれば、袖カバーやリストバンドを併用するのも良いですね。

手首を冷やさないためには、やはり王道の手首ウォーマーですね!今年はデザインが更に洗練されているように感じますので皆さんの様々なライフスタイルに導入しやすいと思います。

③足首

足首はどうしても厚手の靴下や靴下の重ね履きを…となりがちですが、靴やスリッパを履くときに邪魔ですし、足に履くものですから洗濯も頻繁にしなくてはならないので大変です。

そこでオススメは足首ウォーマー。
長めのレッグウォーマーだとズボンの下に履いたりすることができませんが、こうしたタイプの足首ウォーマーならば邪魔にならずに着けることができますよ。

ちなみに、冬はロングブーツを履かれる方も多いと思いますが、足首の可動域が制限され血行が悪くなり、冷えの原因となるので気をつけましょう。

「3つの首」を動かして冷え予防

1. 首をぐるぐる回す。
2. 肩を軽くすくめてストンと落とすのを繰り返す。
※ 冷え改善の他に、首や肩のコリも軽減されます。

1. 両手を組み合わせる。
2. ゆっくりと右に10回ぐるぐる回す。
3. 手を組みかえて、左に10回、ぐるぐる回す。
4. 腕を伸ばしたまま、手のひらを閉じたり開く動作を10回繰り返す。

1. 椅子に座ったまま足をまっすぐに伸ばす。
2. かかとを地面につけて爪先を体に引き付けるよう5秒キープ。
3. 次につま先を伸ばして5秒キープ。
4. ①~③を繰り返す。

▼「寒さ」関連リンク

1