1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

金銭面では他球団に劣るジャイアンツに大竹選手と片岡選手が移籍した理由

FAとなった広島カープの大竹寛選手・埼玉西武ライオンズの片岡片岡治大選手の巨人入りが決定しました。2人が読売ジャイアンツに移籍した理由をまとめてみました。

更新日: 2013年12月02日

8 お気に入り 63791 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

akininarebaさん

11月25日に大竹寛選手が巨人入りを表明

今期は25試合に登板し10勝10敗の成績。赤いユニフォームもこれでしばらく見納めです。

「新しい世界を知って、その中で勝負したい」と意気込みを語った。

常勝の巨人の中に身を置く中で勝負するというのはそこでしか味わえない何かがあるのかもしれません。

ソフトバンクからは4年総額7億円、楽天からは3年総額5億円など、高い評価を受けた。巨人も3年総額5億円以上の条件を提示したもようだが、「最終的にはそこではなかった」と強調した。

ソフトバンクは巨人以上の条件を提示していたのですね。お金でないところでの決め手とは何だったのでしょうか。

決め手は在京球団であること

後楽園にある東京ドーム。大竹投手の出身地埼玉へもそう遠くない場所にあります。

埼玉県出身でもあり、「地元の関東で野球をしたい」と決断した理由を説明。

広島に入団以降も在京志向は強い上、両親の体調面の問題もあり、「関東(の球団)ならば、家族が近くにいるので」という思いが球団選びを左右したようだ。

野球選手のようなスポーツ選手はメジャーに行く選手も多いので、場所にこだわらない人も多いと思っていたのですが、そんなこともないようです。

野球環境や原監督の直電も決め手のひとつ

巨人の名に恥じぬ常勝軍団を作り上げた
原監督から電話でお願いされたら断れないですね。

10年に右肩痛を発症。懸命のリハビリを続けた。「今年、ダメなら野球人生が終わるかも」と不退転の決意で挑んだ昨季から、2年連続2ケタ勝利を挙げたが、今も入念なケアは欠かせない。12日にFA宣言した際、「野球をする上での環境も聞いてみたい」と語っており、巨人が誇る練習施設、サポート体制の充実は、長く野球を続ける上で譲れないポイント

巨人のような球団はやはり施設や体制も充実しているのですね。

原監督から「日本一連覇を達成できるチームを作るために力を貸してほしい」と電話でラブコールを受けたことで、一気に心が傾いた

12月1日には片岡治大選手が巨人入りを表明

西武からFA宣言した片岡治大内野手(30)が1日、巨人入りを表明した。交渉を行った楽天、オリックスと古巣の西武に対して11月30日に断りの連絡を入れ、この日午前に巨人側に入団の意思を伝えた。

小さい頃からファンだったのが一番の理由

小さい頃はファンでありましたし、本当にいい評価をいただいた。後悔しない選択をしたかったので、そこが一番かなと思います。

やっぱり子供の頃からファンだったというのは思い入れも強いものです。

2年総額3億円以上という巨人の提示は、楽天、オリックスの3年5億円を下回っていた。夢か、条件か―。30日に一人で熟考、「イメージして決めました」。

大竹選手と同じく巨人の条件は他球団より下。巨人にはお金を上回る何かがあるようです。

ここ数年はケガで自慢の走塁は見られず。来年こそはダイヤモンドを駆け回る姿が見られるはずです。

決定理由が金銭面でないためか、両選手には好意的な意見が多いです。巨人という球団に対しても好意的です。

大竹も片岡も他の球団のほうがはるかに条件良かったのに、お金より巨人でプレーすることを選んだんですね。他の球団も巨人のように選手がプレーしたい魅力のあるチームを作って下しい。

おぉ!片岡選手も巨人に入るのね。 大竹選手同様に金銭面だけではないという所が良いね! 頑張れ生え抜き~。

巨人は10年前は確かに金満球団やったけど今は明らかに違う。 大竹、片岡はいずれも金銭面では他球団の条件より低かったし、井端も適正価格 次に、巨人がそんな取る必要ないって言う奴が絶対いるけど、巨人の補強ポイントと他球団の補強ポイントとは求めてるところのレベルが申し訳ないが1つ高い。

いいかてめーら、片岡も大竹も他の球団の方が年俸やらの金銭面は上なんだよ!でも巨人を選んだんだよ!分かるか!

片岡選手も巨人になりそうなのか。またいろいろ言われるんだろうけど、大竹投手や片岡選手への提示額は巨人が破格だった訳ではなく、他チームの方が高かった訳だしどちらの選手も巨人に入りたいとか在京という事の方を優先した結果なので、今回は金銭関係で巨人を揶揄するのはやめていただきたい。

来シーズンも両選手の活躍に期待しましょう。

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1