筆者が日本オラクルという外資系企業の転職面接を受けたときの話ですが、当該部門の日本人の方が一名とそのラインの上長であるアメリカ人の方が一名、あわせて2名との面接になりました。私は実際に英語力では応募の必要条件を満たしておりましたが、ビジネスにおける実用経験が乏しく、少し不安に感じていました。そこにアメリカ人の方から一言、【Please give us a detail in English??】英語で詳しく説明してくれないか?というものでした。

それまで順調に「日本語」で面接をしていたのですが、この発言から雲行きが怪しくなりました。

TOEIC700点以上取得のレベルの方であっても、普段から英語で業務や経済、システムについて語る機会はそうそうありません。消費者向けマーケティングで成功した理由について、価格の弾力性がなぜ低下したのか、損益分岐を考える上で大事な部分は何か、こういった事象を「英語で」プレゼンテーションするとなったとき、私の頭は真っ白になり、説明は一気に陳腐化し、今まで築いた説得力や力強さは音を立てて崩れ去りました。必要なのは話す力以上に【英語で説明する力】であり、もちろんTOEICの点数ではなかったのです。

前へ 次へ