上述した通りに、私の外資系転職時における面接は「貴方の業務や成果を英語で説明してください」という部分で大きく暗雲が立ち込めました。しかしながら、そこで失敗だったのは私の英会話力の低さではなく、大きく動揺し、本来自分が英語で発揮出来るパフォーマンスの半分以下の出来にまで状態が悪化したということです。

後になってから、同席した当該部門の日本人の方の英語を思い出すと、非常に簡単なもので、所々細かい文法や言い回しが間違っていたのです。レベルで言うと、アメリカや英語圏の小学生から中学生が話している内容のようなレベルでした。ただし言いたいことや主張したい部分は分かりやすく、それはアメリカ人の面接官にも伝わっていました。

つまり必要なことは少々間違っている部分があっても、堂々と、明確にプレゼンテーションすることだったのです。

こちらを参照いただきたいと思います。

前へ 次へ