外資系企業といえど、日本に居を構え、日本、広くても東アジアをメインのオペレーション領域に据えている企業がほとんどです。アメリカのことを日本人が日本でやる必要がないからです。したがって業務における使用言語はほとんどが日本語で、まわりを見渡してみても日本人だらけというシチュエーションが多いです。

しかしながら、会社で閲覧する書類の多くは英語であったり、上司が外国人であることが多いことも事実です。転職時に必要な英語力というのは、「書類を正確に理解する力であったり、英語圏の人間と円滑にコミュニケーションをする、またはその能力を伸長させるモチベーションがあるか」といった部分に集約されています。未経験からの外資系転職では、どれだけ未経験の分野に飛び込んでいく気合とやる気があるかということで計られることが多いように感じます。

前へ