1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kk0638さん

アロマスプレーをマスクにスプレーするだけで・・・

1日1枚のマスクを着けたり外したりする際の除菌にも役立ちますし、香りの効果で気分もさわやかになります。

爽やかな香りをマスクにつけることで、気分的にも良くなり、抗菌性のある精油を使うことで、菌の繁殖を抑え、感染予防にもなります。

精油の成分を吸入することが同時にできるので、精油の薬理効果を取り入れて予防をすることにもつながります。

精油を垂らすよりスプレー

精油そのもの(原液)をマスクに垂らすと、肌にはやはり刺激が強過ぎるようです。

アロマスプレーの作り方

スプレー容器(50ml用)
無水エタノール 5ml
精製水(コンタクト用可)  45ml
精油(エッセンシャルオイル) 合計10滴 【1%濃度】
(アロマオイルと呼ばれているポプリ製品でのご使用はお控えください。100%天然の精油(エッセンシャルオイル)でなければ殺菌・抗ウィルス・消臭作用などは期待できません。)

------------------------------------------------------------

精油は紫外線に弱いため、遮光性のあるスプレー容器を使うのがオススメ。

スプレー容器に無水エタノール 5ml を入れます。そこへお好きな精油(エッセンシャルオイル)を10滴落としてよく混ぜます。(蓋を閉めてシェイク♪)
次に精製水45mlを加えてさらによく混ぜます。(蓋を閉めてシェイク♪)

------------------------------------------------------------

精油(生アロマオイル)は、親油性で水には溶けにくいため、エタノールでしっかり混ぜ合わせた後に、精製水を加えましょう。

使い方

マスクにお好みでシュッとひと吹きするだけです。30センチくらい離れたところからマスク全体にまんべんなくスプレーが吹きかかるようにひと吹きしましょう。

近くで吹き付けると1点に集中してマスクがしみになります。吹き付けたら、ガイドは優しくマスクを揉みこんで繊維に精油が行きわたるようにします。

マスクの外側に吹き付ければ空気と接する面に精油が付着するので、マスクの外側で吸い込む空気をクリーンにする効果が期待できます。香りも感じることができて気分も明るくなります。

内側にシュッとひと吹きするのに抵抗がある方は、先ずは外側にシュッとひと吹きして使い心地を試してください。

朝出勤時に装着したマスクを屋内で取り外し、また帰宅時に装着する場合、朝のマスクをアロマスプレーでシュッとひと吹きしてきれいにしてから再度装着して使用するとより清潔に使用することができます。

1 2 3