1. まとめトップ

音楽業界では、ちょっとだけ有名なプロデューサー!? 浅井 信光とは?

浅井 信光(あさい のぶみつ、1957年8月23日 - )は、日本の元子役、元ロック歌手、音楽プロデューサー。愛知県名古屋市出身。歌手時代の芸名、浅井裕季(あさい ゆうき)。所属レーベル、京都レコード。

更新日: 2016年06月18日

1 お気に入り 51071 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobbyasaiさん

略歴
エンタテインメント科学研究所の代表。
子役でNHK中学生日記の初代レギュラー出演。
歌手でワーナーミュージックからデビュー。
B'z、ブラックビスケッツ、AI の音楽プロデューサー。 シャ乱Q、福山雅治、DEENのレーベル責任者。音楽配信サイトmusic.jpで年間150万会員純増。日本で唯一、CDと音楽配信でミリオンを達成した男!

子役時代

名古屋市立振甫中学3年から愛知県立旭丘高校1年にかけてNHK総合放送ドラマ「中学生日記」初代レギュラー出演。

日本放送協会(NHK)より出版された原作本です。
表紙には、ゲスト出演された声優の三ツ矢雄二さん(ウッドベース演奏者)とその左奥にレギュラー出演者の戸田恵子さんが写ってます。

当時は、名古屋の児童劇団に所属していて、団員全員がオーディションを受けさせられましたが、幸運にも自分だけが合格しました。

オーディションでは、当時ヒットしていた「知床旅情」をアカペラで歌いました。他に歌った受験者はいなかったらしいので、これが決め手になったのかも?

第1回放送の紹介記事が、中日新聞のラテ欄に自分と悪友役だけの写真入りで掲載された時は、これは注目されているんだから、しっかりやらなければと思いました。

共演者には元衆議院議員の横光克彦、女優の戸田恵子、作家の花井愛子がいる。

右側の学生服が浅井信光。

全員本名で出演してました。
初の主演で先生役は横光勝彦さん。

初めてオリジナル挿入歌も歌いました。

高校受験勉強と毎週のドラマ収録が重なり、睡眠不足が続いていたある日、校庭での全体朝礼中に、生まれて初めて貧血で倒れる寸前、抱きかかえて保健室へ運んでくださったのが、体育担当の木村先生でした。

彼とは、体育の授業でいつもトラブっていましたが、この瞬間、人間関係の奥深さを学びました。

感謝

歌手時代

1977年、南山大学外国語学部英米科入学後、1978年、ロックバンド「ファイアー」のボーカルとして、ワーナーミュージックからデビュー。シングル3枚をリリース。デビュー曲「こっちを向いて」の作詞・作曲は河島英五。オリコン51位。TBSテレビ「ぎんざNOW!」レギュラー出演。エメロンシャンプーCF出演。全国で年間50本以上のコンサートを行う。

真ん中が浅井信光(芸名:浅井裕季)

和製ベイシティ・ローラーズとして、ワーナーパイオニアの一押しとなり、六本木本社に垂れ幕が掛けられました。

撮影場所は、芦ノ湖です。
真冬で氷点下にも関わらず、真夏のような薄着で、意識不明となる寸前にOKが出ました><...

同期デビューの八神純子さんとは同郷で、高校生の時にヤマハ名古屋のボーカルコースでも同期レッスン生でした。

北区王子が東京の合宿所でした。マネージャーを入れた6名での生活はマジにむさ苦しい記憶しかありません^^....
東京と地元の活動でいつも旅ばかりでしたが、今ではとても良い思い出です。

真ん中が浅井信光(芸名:浅井裕季)

三菱自動車ランサー・セレステCMソング
作詞・作曲は河島英五さんです。
オリコン51位。

今では伝説の番組となったTBSテレビ「ぎんざNOW!」にレギュラー出演していました。
演奏曲は、危険なゲーム(デビューシングルC/W)です。
https://www.youtube.com/watch?v=gY_qIt60UZE

名古屋市公会堂(キャパ:2,000名)に3,000名を集めた伝説!?のデビュー・コンサートでは、まさに夢を見ているような気分で歌った記憶があります。

真ん中が浅井信光(芸名:浅井裕季)

両A面のビバ・エンジェルは、ライオン・エメロンシャンプーCMソングで、北海道担当キャストとしてCFにも出演しました。

アナログ盤しかないので、ネットショップで売ってます。
浅井信光の紹介文を読むと笑ってしまいますが、、、
http://slaplover-record.com/?pid=90242930

前列左が浅井信光(芸名:浅井裕季)

名古屋の事務所(現ジェイルハウス)がイベンターだったので、数え切れないほどのコンサートを日本全国でやりました。

別世界に迷い込んだ感覚で歌ったプロとしての初ライブと最後にして最高のパフォーマンスが出来た解散コンサートは共に雲竜ホール(現CLUB DIAMOND HALL)でした。

その時は分かりませんでしたが、ワーナー東京営業所の浜田さんが言われた通り、今思えば、ファイアーはまさに青春だったと思います。

同バンド解散後、同大学を中退。

SMS時代

1981年、音響芸術専門学校卒業後、株式会社サウンズ・マーケッティング・システム(SMSレコード)入社。邦楽制作宣伝ではプリズム、AUTO-MOD等を担当。

洋楽制作宣伝ではWAVEレーベルでアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、レジデンツ等を担当。

女優の野村真美を発掘する。

最初は歌手としてスカウト。後に、モデルとして資生堂と専属契約した。

「渡る世間は鬼ばかり」レギュラー出演などの活躍は、所属事務所の東宝芸能HPでご確認ください。

http://www.toho-ent.co.jp/actress/show_profile.php?id=3614

1987年、渡辺プロダクショングループ内異動で渡辺音楽出版株式会社に入社。新人アイドル麻田華子を担当。デビューシングル「好き☆嫌い」がオリコン12位を獲得。

BMG時代

1988年、BMGビクター株式会社入社。邦楽制作ディレクターとしてB'zを担当。デビューアルバム「B'z」から6thアルバム「RISKY」まですべてミリオンセールスを記録。

デビュー北海道キャンペーン時に撮影。
(念のため)右が松本孝弘さん、左が稲葉浩志さん、真ん中が浅井信光です。

デビューアルバム「B'z 」は、イニシャル8,000枚でした。

でも数字に関係なく気合いは入ってました!
その証拠に、こんな証言?があります。

http://beforadio.exblog.jp/20854157

初の10万枚超ヒット「BAD COMMUNICATION」はオリコンに150週以上ランクインした。

最初は、英語版のアナログ盤を全国300ヶ所のディスコでパワープレイ。すると、ディスコでのリクエストが急増。
当時、ディスコと連動していた有線放送でも英語版リクエストが殺到した。

最後は、宮沢りえ出演の富士通CFで日本語版がCM曲として大量露出され、売上が急増、ブレイクの準備が整った。

オリコンナンバー1シングル3枚。
トータルセールスは1,000万枚を超す。
オリコン年間ディレクターチャートで2年連続の3位と2位を獲得。

初のオリコン1位シングルは「太陽のKomachi Angel」
浅井信光にとっても初のオリコン1位です。

B'zが生出演するフジテレビ「夜のヒットスタジオ」のスタジオに向かうタクシーの中でラジオから流れるこの曲を聴いた時の感動は一生忘れられません!

B'z Official YouTube ChannelでLive Versionをお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=_46q__aRHAA

続いてMy First Top Albumから先行シングルカットしたEasy Come, Easy Go!も入ってますー

1 2