1. まとめトップ

SMAP解散で神話崩壊か?視聴率で売上で苦戦が目立つジャニーズ

冠番組が多いジャニーズですが、視聴率は軒並み苦戦しているようです。そしてその横暴さにテレビ局、芸能事務所、視聴者に批判が出始めています。

更新日: 2017年07月21日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 1039826 view
お気に入り追加

■東山紀之キャスター就任で見えたジャニーズの苦しい“懐事情”

少年隊の東山紀之(50)が日曜朝の情報番組激戦区に殴り込みをかけると話題になっている。10月からテレビ朝日系が新たに立ち上げるニュース情報番組「サンデーLIVE(仮)」(日曜午前5時50分~)のメーンキャスターに抜擢されたのだ。

 裏番組はTBS系「サンデーモーニング」や日テレ系「シューイチ」という強力なラインアップがそろっていて、新番組が爆死する可能性も否定できない。しかし、それでもジャニーズが東山を新キャスターに推したのは、事務所ののっぴきならない事情があるという。

「これまでのジャニーズのアイドル戦略が、もはや通用しないことは事務所幹部も分かっているんです。各グループのコンサートやグッズの売り上げ、CDの販売額が目に見えて落ちている。最盛期は“1000億円市場”といわれていましたが、今やその規模は3分の1以下になったといわれています」(ジャニーズに詳しいライター)

さらに、事務所の意地とプライドの問題だけで解散させてしまったSMAPのツケが徐々に表れ始めているという。

「なんだかんだ言っても、SMAPはファンクラブやコンサートなどで、数十億円の粗利があったんです。それがいまや0円。しかも嵐や関ジャニ∞らは、“ポストSMAP”にはまだまだ程遠い存在です」(前出のライター)

 そこで、事務所が新たに目を付けたのがキャスター路線だったというわけだ。すでに、嵐の桜井翔が日テレ系「NEWS ZERO」、NEWSの小山慶一郎が日テレ系「news every.」で成功

それまで冴えない存在だったV6の井ノ原快彦もNHK「あさイチ」で見事、復活した。TOKIOの国分太一もTBS系「ビビット」でキャスター業を続行中だ。

ジャニーズとしては、今後も各局にキャスターを送りたい構えだが、今回の東山抜擢は、テレ朝とジャニーズの新たな“蜜月関係”の始まりだという声も上がっている。

「東山は近藤真彦と並んで、将来の事務所幹部候補です。今回のキャスティングは、テレ朝がジャニーズにあえて歩み寄った格好。昨年のSMAP解散騒動の際、早河洋テレビ朝日会長兼CEOが定例会見で、SMAPメンバーを擁護する発言を行った。それ以来、両者の関係はギクシャクしていた。しかし、これで“雪解け”となりそうなんです」(テレ朝関係者)

 さまざまな思惑が交錯する中、東山は朝の顔として定着できるのか。

■ジャニーズ 櫻井翔らインテリ組を集めたキャスター専属部門設立の噂

Hey! Say! JUMPの岡本圭人(24)の6年目の大学生活を、11日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じている。記事では今月上旬にキャンパス内で授業を受けている岡本の姿をキャッチ、1限の授業を受けて一人で帰っていく様子が目撃されている。

 岡本は2012年に上智大学国際教養学部に入学、本来ならば昨年3月の卒業であるが、単位を取りきれずに留年していた。しかし今年の3月、やはり単位が取りきれない状態で卒業できず、2留となっているようだ。ジャニーズタレントのなかでも、大学に入り1留を経て卒業した者は多い。しかし2留となると「前代未聞」だと記事では伝えている。

 岡本といえば、かつてジャニーズの人気グループだった元男闘呼組のメンバー・岡本健一(48)を父に持つ。そんな父の勧めで小学4年生のときに留学を経験し、5年間の英国生活後、帰国後はインターナショナルスクールに通っていたエリートだ。

こうした状況にネットでは、「多忙で授業に出席できないのでは」という声が挙がる一方で「メンバーで一番仕事がないのに…」「忙しくても1留で卒業する子はいる。ほかに原因があるんじゃないの」と揶揄される始末だ。このような背景には、岡本の素行にも原因があるようだ。

「岡本といえば以前、写真週刊誌『フライデー』(講談社)に、女優の有村架純(24)とのツーショット写真が掲載されました。また、他の報道でもかなり派手に遊んでいる様子が目撃されていることから、あまり素行が良いイメージがありません。授業中もずっと帽子をかぶって携帯やパソコンをいじっており、まともに聞いていないとか。こうしたことからも、来年の春に卒業できるかと不安視する声も囁かれています」(芸能記者)

 また、学歴はあまり関係なさそうな職業柄、「中退」という道も考えられそうだが、岡本は「卒業」にこだわっているのだという。それには昨今のジャニーズの事情が関係しているようだ。

「ジャニーズタレントは最近、ニュースキャスターとしての活躍も目覚ましい。キャスターとなると、最終学歴がどうだったかというのもキャスターに選出される判断の一つとなる。岡本は目立った仕事も少ないですから、ニュース番組への出演を狙っているのかもしれません。中退よりも卒業にこだわっているのはそういうことなのかもしれませんね」(前出・芸能記者)

 有名大学を卒業したジャニーズたちは、その後キャスターに抜擢される機会も増えている。その先駆けとなったのが、慶應義塾大学を卒業した嵐の櫻井翔(35)だろう。また、明治大学を卒業したNEWSの小山慶一郎(33)や、早稲田大学(通信教育課程)の肩書を持つKAT-TUNの中丸雄一(33)なども挙げられる。

他にも年々、有名大学を卒業しているジャニーズタレントは増えている。そしてキャスターをつとめるジャニーズも増える中で、ある案も浮上しているとも言われているという。

「将来的にはインテリ組のジャニーズを束ねて、情報番組などを中心に活躍させる“キャスター専属部門”を設けるのではないかという噂があります。女子アナを擁するタレント事務所はありますが、その男性版といったイメージです。現在、各局の情報番組でジャニーズがキャスターとして出演しているため、仮にそういう部門が出来た場合、パイプは作りやすいかもしれません」(前出・記者)

 10月からは東山紀之(50)も、テレビ朝日の情報番組のキャスターに抜擢されている。もしかしたら、じわじわとその関係性を強化している最中なのかもしれない。

■KinKi Kids堂本剛 難聴だけではないもう一つのドクターストップ

KinKi Kidsが、ギネス自己記録を更新した。7月12日にリリースしたKinKi20周年記念イヤー第3弾シングル『The Red Light』が、デビュー曲から38作連続で週間ヒットチャートランキング初登場首位についたのだ。これにて、みずからが持っていた「37」を、さらに伸ばした。同作の楽曲を提供したのは、久保田利伸。03年に発売したシングル『永遠のBLOODS』のカップリング『Funky Party』以来、およそ14年ぶりのタッグだ。

周知のとおり、堂本剛は左耳の突発性難聴を発症したことによって、現在治療中。15&16両日に開催された神奈川・横浜スタジアムのライブは、生中継による映像出演という異例の処置がとられた。次の生出演は、20日を予定。デビュー前の94年10月から続くラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)の3時間特番だが、剛の出演はまだ正式決定ではない。

 20周年記念をファンと盛大に過ごすはずだった今年、剛は思わぬアクシデントに見舞われた。悲しいのは、彼が抱えている爆弾はこれだけではないことだ。

KinKiは19年連続で東京ドーム公演を行っており、自身が持っていた同所での連続公演年数を昨年12月23日、さらに更新。全54公演で、累計297万人を動員している。しかし、ここ4年ほど剛は、ハードなダンスを封印している。シングル『薔薇と太陽』で、剛がギター、光一がダンスの分担制になった理由も、これである。実は、膝の半月板を損傷しており、日常生活に支障をきたすほどなのだ。

 負傷前までは筋力トレーニングと無縁の生活を送っていたが、今は半月板をカバーするための太腿の筋トレを欠かさずやっている。可能なトレーニングメニュー、動ける幅、回数、速度には規制があり、ステップ台を使ったトレーニングはNG。本人がラジオ『堂本剛とFashion&Music Book』(bay fm)で明かしたところによると、医師からは、「踊りをやめてください」とドクターストップをかけられている。現在は、「踊りをやるための筋肉を付けるため」のトレーニングを続けており、同時に、今後の筋力低下を阻止したい気持ちも強い。

本人の言葉を借りれば、「膝は裂けるチーズみたいになってる。膝がおじいちゃん」。手術の有無や正式な治療法は明かしていないが、相棒の堂本光一は主演ミュージカル『Endless SHOCK』で派手なパフォーマンスを見せているのに対し、剛はその真逆なのだ。

 手負いの剛。38歳の若さで背負うには過酷すぎるダブルの痛み。これは、若くしてアイドルという職種に就いてしまった代償か。今はただ、快活なメンタルで復活してくれることを願うばかりだ。

■KinKi Kids、歴代1位記録樹立で20周年に華

人気デュオ・KinKi Kidsの最新シングル「The Red Light」(12日発売)が初週で20万257枚を売り上げ、7/24付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場した。シングル1位獲得連続年数を21年連続(1997年度~2017年度)に更新。これまでタイ記録で並んでいたB’zの20年連続(1990年度~2009年度)を上回り、アーティスト歴代単独1位記録でデビュー20周年に華を添えた。

シングル1位獲得作品数はデビュー曲「硝子の少年」(1997年7月発売)から38作連続通算38作目。自身が持つ歴代1位記録「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」を塗り替えた。

 ハードなソウルナンバーの表題曲は久保田利伸が手がけ、今後の音楽性のさらなる広がりを期待させる楽曲に仕上がっている。KinKi Kidsは今月21日にCDデビュー20周年を迎える。15・16日に横浜スタジアムで記念イベントを開いたが、左耳の突発性難聴を発症した堂本剛は生中継で映像出演した。

■東山紀之 テレ朝で日曜朝の顔、10月開始情報番組キャスターに

少年隊の東山紀之(50)が、テレビ朝日が10月から日曜朝に新設するニュース情報番組「サンデーLIVE(仮)」のキャスターを務める。東山はキャスター初挑戦。午前5時50分から2時間40分にわたって生放送する大型番組で、ニュースの中から「日曜の朝だからこそ知っておきたい」テーマを分かりやすく紹介する。日本テレビ「シューイチ」が午前7時半、TBS「サンデーモーニング」が午前8時から始まるニュース情報番組“激戦区”に参戦する形になる。

 テレ朝“日曜朝の顔”となる東山は「ドラマでは演じたことのあるキャスターに、本当になれるなんてうれしい限りです。この僕をキャスターに選んでくださるとは!」と大喜び。「放送に向けて週1回の勉強会もありますし、とても楽しみです」と張り切っている。

■裏方も退社?ジャニーズ事務所が求人サイトでマネージャー募集

元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が9月にジャニーズ事務所を退所するとの報道で、昨年1月からのSMAP解散騒動は一応の決着を見ることになる。

 発端となった女性マネージャーの退社以降、ジャニーズ事務所はこれまでにないほどの危機的状況に陥っているという。

「新しいシステムとして、全タレントを3つのグループに分けて、それぞれの収益を競わせるスタイルを取るそうですが、社内では果たしてうまくいくのか疑問視する声もあるようです。というのも、女性マネージャーが退社した後、辞める社員が増えており、今年になってからもベテランの社員や敏腕マネージャーが辞めているというのです。それを裏付けるかのように、大手求人サイトにジャニーズ事務所という名前を出してマネージャーを募集していたことが話題になっています」(芸能ライター)

6月16日から公開されているこの求人情報には、事業内容として所属タレントの一部が掲載されており、「近藤真彦、少年隊、中居正広、木村拓哉、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐など」とある。18日に退所が発表された3人の名前はなく、後から修正したのでなければ公式発表前に事務所が退所を認めていたことになる。

 かつては鉄壁の情報統制で恐れられていたジャニーズ事務所だが、いつまでも昔のままとはいかないようだ。

■木村拓哉が追突事故 3台絡む玉突きもけが人なし…FAXでジャニーズが謝罪

元SMAPの木村拓哉(44)が20日午後5時ごろ、東京都調布市仙川町2丁目の交差点付近で、自動車運転中に信号待ちをしていたバイクに追突した。3台が絡む玉突き事故となったが、けが人はなかった。現場は緩やかな下り坂。木村は自ら警察に事故を連絡したという。所属するジャニーズ事務所は同日夜、報道各社にファクスで事故を報告し、謝罪した。事務所によると、この日はオフで、同乗者はいなかった。

報道関係各位

 本日、当事務所所属タレント木村拓哉が普通乗用車自動車を運転して赤信号で停車していた際に、不注意によりブレーキが緩み低速で追突し、前方停車中の車両2台への玉突きとなる物損事故を起こしました。直ちに本人が警察に連絡し、警察のご指示に従った対応を済ませましたが、被害者の方はもちろんのこと、ファンの皆様や関係各位にご迷惑とご心配をお掛けしたことを、深くおわび申し上げます。

    株式会社ジャニーズ事務所

■KinKi20周年ドラマに相葉&松潤出演!思い出の初ドラマ

デビュー20周年を迎えるKinKi Kidsが1997年に主演した日本テレビの連続ドラマのスペシャル版「ぼくらの勇気 未満都市2017」(7月21日、後9・00)に、嵐の相葉雅紀(34)と松本潤(33)が出演することになった。20年前にも2人は参加しており「初めて出させてもらったドラマで思い出深いです」と口をそろえた。

 大人が死に絶えて子供だけになった街で、暴力に対抗するヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)を描いた物語。相葉と松本はヤマトとタケルの仲間を演じた。スペシャル版では20年後の登場人物の新しい冒険を描く。

 相葉は「当時はジャニーズJr.になりたてでいっぱいいっぱいだった」と若かった自分自身を恥ずかしそうに振り返る。松本は「KinKiの2人に現場でたくさん教えていただいたのを覚えています。ささやかではありますが2人の20周年に花を添えられたら」と思い出のドラマでの奮闘を誓った。

■手越祐也がツアー最終日に号泣「この数週間どん底に落ちた」

人気グループ・NEWSが11日、東京ドームで全国ツアー『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』ファイナル公演を開催。最後のあいさつでは、メンバーの手越祐也がステージ上で号泣、観客を前に感謝の言葉を叫ぶ場面があった。

1 2 3 4 5 ... 83 84





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど