1. まとめトップ
  2. 雑学

歌舞伎で「◯◯屋!」とかいう掛け声って、誰でも言っていいの?

よく、ニュースなどで見かける歌舞伎の演目。途中、「成田屋!」「播磨屋!」などの掛け声(大向こう)が、ちょうどいいタイミングで入りますよね。あれって誰でも言ってもOK?ちょっと気になるのでまとめてみました。

更新日: 2013年12月04日

20 お気に入り 170392 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

otemotoさん

日本が世界に誇る伝統芸能「歌舞伎」

150年以上続いていて、最近では市川海老蔵などの人気で女性ファンも多いです。
外国人旅行者にも、もちろん根強い人気で、日本語がわからない人向けに外国語対応のイヤホンガイドがあります。

その演目の中で、「ナリタヤッ!」や「ハリマヤッ!」などの掛け声を耳にしたことがニュースでありません?

正確には「成田屋!」「播磨屋!」です。
演目のちょうどいいタイミングで掛け声というか、合いの手のようなものが入りますよね。すっごい気持ちよさそうですよね…。

誰が言ってるの? 誰でも言っていいのかな?

めっちゃくちゃ言いたいんですけど!!

特に誰がやってはいけないという決まりはない

ほとんどの方が「大向こうの会」に所属する方々

会員ですか?

会員でないと声を掛けてはいけないわけではないが、他のお客様にヤジや雑音と思われるような場合はやめてもらうよう注意している

参加資格はないが、下手な掛け声は遠慮願いたいということになる

要するに、ちゃんと演目の流れや基礎知識がしっかり頭の中に入ってないと、掛け声のタイミングや種類が分からないから止めてっていうことですね。

大向こうの会って何ですか?

役者や芝居の関係者から尊敬をこめて通のことを「大向こう」と呼ぶようになった。

このことから、大向こうからかかる声そのものを「大向こう」と呼ぶ慣習が生まれました

「大向こう」には「大向こうグループ」と呼ばれる団体が活躍しています。現在東京には3つの会があります。
1.弥生会(12人)
2.寿会(9人)
3.声友会(6人)
―2007年2月現在―

関西には「初音会」
名古屋には「八栄会」
博多には「飛梅会」(とびうめかい)
という大向こうの会 があります。

どうやって入るの?

"スカウト。

大向うの会に入るのは、
基本的にスカウトです。"



出典 ほぼ日刊イトイ新聞

なんと、スカウトとはっ!
プロ野球選手みたいですね。

ある日ふつうに客席で声を掛けていたら、
休憩時間におじいちゃんが

「声掛けてんの?
 ぼく、こういうもんだけど。
 しょっちゅう来られるんだったら、
 うちの会長に一度紹介するから」

っていうふうに言われたんです。

よく勉強して、勇気をだして声を掛けることが大切ですね。

こんな取り組みも

関西で大向こうの担い手を増やそうと、「関西・歌舞伎を愛する会」(大阪市中央区)が全国でも珍しい勉強会を開いている。

今春には、勉強会出身者を初音会のメンバーに加えて京都南座の歌舞伎鑑賞教室などに出向きたい方針

「初音会」の関西の大向こうの会のことです。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1