1. まとめトップ

【自動車保険徹底比較】ソニー損保とアメリカンホームダイレクト対決

自動車保険(任意保険)への新規加入や切り替えを検討している方へ。自動車保険はたくさんあって何を基準に選んだら良いかわからないのではないでしょうか。私はこれまで大手の「ソニー損保」と「アメリカンホームダイレクト」で契約していた事があります。その経験を踏まえ、保険内容を徹底的に比較してみました。

更新日: 2014年02月24日

0 お気に入り 7423 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tweetingmeさん

【自動車保険はダイレクト型が人気】

最近、テレビCMなどでよく耳にする「『ダイレクト型(通販型)』自動車保険」という言葉。これはいったい、どのような自動車保険なのでしょうか?従来の「代理店型」と比較しながら、その特徴を紹介していきましょう。

《代理店型》

代理店による対面販売は、やはり相手の顔が見えるところが大きなメリットです。「困ったことがあったら、とりあえず連絡すればいい」という安心感は、何ものにも代えがたいものがあります。

代理店型の大きな特徴の一つですね。

ところが、この点はウラを返せば相手次第ということを意味します。対面販売の代理店といっても、保険を専業で扱うプロの代理店もあれば、保険はあくまで副業であって自動車保険はあまり得意ではないという代理店もありますので、代理店型の自動車保険に加入する場合には、この点をしっかりと見極める必要がありそうです。

代理店にも色々あるようです。

《ダイレクト型》

最近ではテレビのコマーシャルなどですっかりおなじみとなったダイレクト型自動車保険、何といってもその保険料の安さが魅力です。ダイレクト型の自動車保険では、営業担当者を介さずに、コールセンターやインターネットなどを通じて、消費者に直接保険を販売することでコスト・ダウンを実現しています。

またインターネットを利用すれば、時間や場所の制約を受けることなく、好きなときに保険加入の手続きができますので、急いでいる人や忙しい人にとっては、この点も大きなメリットです。

なるべく最短で安く契約できる会社が多いです。

【でもたくさんあって各社似ている…】

《代理店型 自動車保険会社》

《ダイレクト型 自動車保険会社》

私が契約したことのある自動車保険会社は、「ソニー損保」と「アメリカンホームダイレクト」です。この2社にそれぞれメリットがありますので、他のサイトの声を拾いながら比較したいと思います。

《インターネット割引がある!》

-ソニー損保-

《新規契約》ご契約される方が、当社の定めるウェブサイトにて申込手続を行った場合…8,000円
 
 《継続契約》ご契約される方が、当社の定めるウェブサイトにて継続手続を行った場合…2,000円

-アメリカンホームダイレクト-

インターネットでお見積り、ご契約の手続きをされると、アメリカンホーム保険会社保険料が約10%割引となります。
 
インターネットでお見積り、ご契約された場合、当社保険料が約10%割引となります(インターネット割引(新規見積・申込)。上限は年間で20,000円(一括払)、20,040円(月払)。

《トラブル対応サービスの充実度》

"ソニー損保""アメリカンホームダイレクト"両社共に、
《キー閉じこみ時の解錠》《落輪引き上げ》《ガス欠時のガソリン補給作業》《ガス欠時のガソリンサービス》《タイヤパンク時のスペアタイヤ交換作業》《各種オイル漏れ点検・補充作業》《冷却水補充作業》がある。

1 2 3