1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

実はあなたに原因アリ?なぜかカラスに襲われるひとの特徴

なぜかいつもナゾにカラスに襲われる!っていう人いませんでしたか?なんとなく弱そうなひとをねらってるのかと勝手に考えていましたが、気になったのでサクッと調べてみました。

更新日: 2018年06月20日

141 お気に入り 572991 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomassonさん

私たちの日常にひそむちょっとした危険・・・。

札幌のカラスこわすぎか笑ていもう2回くらい襲われかけてる

待って笑えない 頭の上にカラス乗ってきたんだけど 感覚残ってて気持ち悪い 外出たくない

理由1-「ポジションどりが悪くて」ごめんなさい

巣より高い所に行くのも「巣を覗いている」と思われるので良くないです。

巣より高い位置に人間が来た場合に襲ってくる確率が高くなり、巣を作った木付近にある歩道橋、建物の屋上・ベランダ等で襲われるケースもあるそうです。

理由2-「子育てしてるとこ空気読めなくて」ごめんなさい

毎年4月から7月にかけてカラス被害の報告が区役所・市役所などに増えるそうです。

カラスが凶暴になるのは5、6月がピークのようです。

理由3-「天敵って誤解させて」ごめんなさい

決して、烏ゾーンを犯してはならない…。

何気なく巣を見上げたり、縄張りとは知らずに近づいただけで威嚇や攻撃を受けることがあります。

カラスは巣に目を向けた人を、監視対象者として見張ります。監視対象者が歩いて移動したり、物陰に入れば、その人の見えるところまで飛び監視を続けます。

でも、じつはそんなに危険じゃない?

しかもワンパターンらしい…。

カラスは、かならず後頭部を狙って足でける。くちばしでつつくことはしません。

襲ってくるのは、つがいの2羽だけ。多数で襲うことはない。

とはいえしっかり対策をとろう!

攻撃してくるのは子育て中の一時的な行動です。巣がある木には近づかないようにしましょう。

どうしても通らなければならない場合には、帽子を被ったり傘をさしてください。

1

関連まとめ