長尾先生の本は、バリバリの在宅医療医が書いたものらしく、病気や人生ときちんと向き合って、納得のいく人生を過ごすための実用的な知恵がたくさん盛り込まれています。「医療否定本」に反論するために書かれた本ではなく、医療否定本を鵜呑みにすることによって不幸になってしまう人が減るように、良心的なきちんとした医療を提供している医療者の立場で書かれています。

出典長尾和宏著『「医療否定本」に殺されないための48の真実』を読んだ | がんになっても、あわてない

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【バトル勃発】「医者に殺されない47の心得」VS「医療否定本」に殺されないための48の真実

近藤誠氏著『医者に殺されない47の心得』が100万部突破のベストセラーとなっているが、医師の中には、近藤氏が提唱するがん放置療法を否定する人も少なくない。対立する2冊の本のレビューを取り上げてみた。

このまとめを見る