1. まとめトップ

『クレヨンしんちゃん』(Crayon Shinchan)といえば、臼井儀人による日本の漫画作品。1990年に『漫画アクション』で連載を開始し、2000年に『まんがタウン』に移籍するが、臼井の死去のため2010年に連載終了。同年からアシスタントらにより『新クレヨンしんちゃん』のタイトルで連載を再開している。

野原一家。ひろし(父)、みさえ(母)、しんのすけ、ひまわり、シロの5人家族で春日部に住んでいる。。

しんちゃんの父、野原ひろしといえば、妻のみさえには尻にひかれ、おこづかいも少なく、足も臭いし普通のおじさんというイメージだが...

秋田県大曲市(現:大仙市)出身。父・銀の介と母・つるとの間に生まれる。農業を営んでいる兄・せましがいる。また、アニメオリジナルキャラとして姪に浪人生の桜チル子がいる。

実は、ものすごくかっこいい男だった...!

身長は180cm。靴のサイズは26cm。首回り40㎝、胸囲90㎝、ウエスト76㎝.

髭がおろし金のように固く、時として武器になる

意外と高身長...!

月給は30万でなんと年収は650万...!

35歳にしてはものすごいもらってますね!

ボーナスが多すぎるような気もするような...?

みさえが「お金がない!ない!」言ってる割には、春日部に大きな一軒家&車持ち...!

野原ひろしのエピソード

家族から不遇な扱いを受ける事が多いが、みさえやしんのすけの良くない考えや言動を咎めたりする事もある。しんのすけがひろしの落としたライターをこっそり持ち出し、友達のマサオ君と火遊びをして火事になりかけた所を駆けつけて消火し、毅然とした態度で「子供だけで火遊びしたらダメなんだぞ!」と叱った事もある(その後の帰り道で「火を扱う時は父ちゃんを呼ぶんだぞ」ときちんと教えている)

休日はゴロゴロしていたり、家族サービスを面倒くさがる等だらしない面が目立つが基本的に優しく、しんのすけに遊びに誘われたら喜んで遊んだり、しんのすけやひまわりと一緒にお風呂に入ったりして、「こういう事が幸せって言うんだろうなぁ」と言う等、子供思いで微笑ましい一面もある。

とってもいいお父さんのひろし。

野原ひろしの名言がかっこよすぎる...!!!

「俺の人生はつまらなくなんか無い!! 家族のいる幸せをあんた達にも分けてあげたいぐらいだぜ!!」 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 野原ひろし

でもオレ家族とたのしくワイワイ笑ったり 時にはケンカしたりこのままずーっといっ しょに元気で暮らすことが夢といえば夢かな by クレヨンしんちゃん 野原ひろし

いつか無くなるものを求めちゃだめなんだ。無くなるものは、求めるためではなく、そいつで遊ぶために、この世にあるんだから。 by野原ひろしfrom「クレヨンしんちゃん」

現代にこんな夫はなかなかいないはず...!これからくれよんしんちゃんを観るときに、野原ひろしを見る目が変わってきそうですね。

1





mariaruさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう