1. まとめトップ

ポール·ウォーカーの死 陰謀?

「ワイルド・スピード シリーズ 」 のワンシーンのように、悲惨な交通事故で亡くなった映画俳優、ポール·ウォーカーの事故原因のいくつかの推定がある。アメリカの芸能産業を掌握しているイルミナティによって犠牲になったのか。

更新日: 2013年12月05日

1 お気に入り 10630 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hebrews412さん

先月30日、 彼が出演した映画、 「ワイルド・スピード シリーズ( The Fast and The Furious ) 」 のワンシーンのように、悲惨な交通事故で亡くなった映画俳優、ポール·ウォーカーの事故原因のいくつかの推定記事が漂う中で、インターネットでは、ポール·ウォーカーが、アメリカの芸能産業を掌握しているイルミナティによって犠牲になったと主張する人々も増えてきている。

イルミナティがポール·ウォーカーが乗った車をハッキングして、彼らが決めた特定の時間と場所で事故が起きるように、「操作」したという主張をする人がいる。

車が遠距離操作された可能性

機械式に動いていた以前の車とは異なり、様々な電子デバイスで制御された最近の自動車は、いくらでもハッキングや操作が可能で、望みさえすれば、ドライバーの意志とは関係なく、遠くから車を動かして( Remotely Control )、事故を引き起こすことができる可能性があるということだ。

米国をはじめとする(世界の)諜報機関は、すでに遠距離で車を操作できる技術を確保しているという信頼できる十分な根拠があります。

いくつかの大学の研究報告書を通じて、自動車の制御システムをハッキングするのは、比較的簡単な技術であるという事実が明らかになり、これらの操作(ハッキング)を通して、運転手の意志とは関係なく、車のアクセルを動くようにしたり、ブレーキを作動させたり、エアバッグが作動されるようにしたりできます。

車をハッキングすることで(運転手)には、非常に致命的な結果をもたらすことができ、この技術は、それほど難しくありません。

一時、米国の安全保障と国家基幹施設の保護、そして対テロを担当する機関で、責任者として働いていたRichard Clarke氏の証言

事故がイルミナティ(フリーメーソン)と関連付ける4つの根拠

1 - 事故当時、ポール·ウォーカーは、彼の33作目の映画を撮影中だった。フリーメーソンの階級が33度あることは、すでによく知られた事実である。

2 - ポール·ウォーカーの死亡時間も3時30分と発表された。ここで再び、33というイルミナティ数秘術の痕跡を見つけることができる。

3 - ポール·ウォーカーは、イルミナティ(フリーメーソン)の下部組織である「スカル·アンド·ボーンズ」の正体を暴露する映画「ザ・スカルズ/髑髏の誓い(THE SKULLS)」に出演している。彼らがこれに対する恨みを抱いていたという主張だ。

4 - 彼が死んだ前日に、既に彼の死について書かかれた(インターネット版)記事があった。 (計画されていなければ )どのように、こうしたことが可能だったのだろうか?

自動車事故の偽装は多々

私たちの周りで、たまに起きている原因がわからない車の急発進事故のように、映画俳優ポール·ウォーカーが悲惨な死をもたらした自動車事故の原因も、永久に未解決のまま、アメリカに残る可能性が大きい。

しかし、より大きい本質的な問題は、ほとんどの人々が意識できない状態で、すでに多くの国の権力機関が(そして、イルミナティが)いつでも自動車事故を偽装して、乱暴に人物を排除することができる技術を既に確保しているという事実である。

1