1. まとめトップ

夏より危険!冬の「かくれ脱水症状」が危ない理由と見分け方・対処法

冬も本番を迎え、乾燥が気になる季節。お肌の乾燥は、こまめにケアしていると思いますが、体の乾燥のケアもしていますか?乾燥する冬に、本当に気をつけなくてはいけないのは、実は、体の乾燥なんです。

更新日: 2020年05月21日

7 お気に入り 121781 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ilabjpnさん

冬も本番を迎え、乾燥が気になる季節。お肌の乾燥は、こまめにケアしていると思いますが、体の乾燥のケアもしていますか?乾燥する冬に、本当に気をつけなくてはいけないのは、実は、体の乾燥なんです。

■ 冬は脱水症状のシーズン!

■ かくれ脱水の症状

老廃物が排出されずむくんだり、血行が悪くなり手足の末端や肌の隅々まで血液が巡らず、冷えを感じたり肌に透明感がなくなる原因に

さらに症状がすすむと、血液の中で血栓と呼ばれる血の固まりができ、脳梗塞や心筋梗塞などの怖い症状を引き起こすことにも

■ 湿度が下がるとカラダから水分が失われる

日本の冬は乾燥しています。とくに降雪量が少ない太平洋側では乾燥した気候が続きます

外気が乾燥すると、知らない間にカラダから水分が失われやすくなります。それは不感蒸泄が増えるからです

■ 冬は脱水に対する危機感が下がる

夏の脱水の多くは発汗が引き金です。発汗は意識しやすいのに不感蒸泄は意識しにくいので、冬は脱水に対する警戒感が下がっています

■ 水を飲むのを控えていませんか?

飲み物を口にする機会が減ったり、「体を冷やしたくない」、「トイレが近くなる」からと水分補給自体を控えめにしてしまうことも

■ かくれ脱水のサイン

次のような状態の時は脱水のサインです。十分注意してください

肌の乾燥

肌の乾燥は水分不足のサイン。冬は空気が乾燥しているので肌の乾燥対策として皮膚表面の保湿には注意を払っているかもしれません。でも、体の内部からの水分の補給も必要なのです

口の中の粘り

口の中が何だかねばねばする、と感じたら脱水が始まっているサイン。水分不足が起きているのです

1 2