1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

どんな被写体も美しく撮れる!"マジックアワー"って知ってる?

風景でもポートレートでもどんなものでも美しい写真になる"マジックアワー"という時間があるのをご存知ですか?朝の日の出の直前やよく晴れた日の日没直後は幻想的で美しい写真が撮れるそうです。普通に撮ってもきれいな写真が撮れますがより美しい写真をとるアイディアもまとめました。

更新日: 2017年03月05日

2465 お気に入り 467170 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ななつこさん

◆マジックアワーとは?

マジックアワーとは写真や映画などで使われる用語で、「日の出の直前と日没直後の時間帯」のことをいいます。

色相がソフトで暖かく、金色に輝いて見えることからゴールデンアワー (golden hour) とも呼ばれる。

夜とも昼ともいえない不思議な光があたりを埋め尽くし、フイルム上で、独特のしっとりした美しい映像が撮れることから、MAGIC HOUR──魔法の時間、と言われているのです。

◆マジックアワーに美しい写真を撮るコツ

①時間を調べておく

ゴールデンアワーはとても短いので、準備をしておく必要があります。撮影する場所では日の出と日没が何時なのか調べましょう。もちろん天気予報をみて雨や嵐じゃないことも確認しましょうね。

マジックアワーを教えてくれるサイトやアプリもあります。

②よく晴れた乾燥している日に撮影する

きれいな色の空が撮れます。

晴れた日の空は真っ青ですが、そんな日に夕方になって太陽が沈むころ、赤、ピンク、オレンジなどのきれいが夕焼けが見られます。

冬が近づくにつれて空気が乾燥するようになり、夕日や夜景がきれいに見えるのは事実です。空気中に水分が多い場合、その水分が要因で光が乱反射してしまい、全体的にぼやけてしまうのです。よって湿度が高い夏はキレイに見えない(?)のです。

③ホワイトバランスを調節して雰囲気を変化させる

ホワイトバランスを調節できるカメラであれば調整を変えるだけで雰囲気の異なる写真がとれます。

夕方の赤→紫→青へと、空の色がグラデーションに変化する時間帯「マジックアワー」。刻々とせまるチャンスをねらいつつ、色の調整で驚くほど雰囲気が変わる。

④逆光で撮る

逆光で撮影することで髪が透き通ったり、f値(絞り)を明るくすることでゆるっとした質感が出ますのでご興味あればお試しあれ〜!

やわらかな雰囲気のポートレートが撮れます。

⑤シルエットを写す

夕焼けの日が落ちる(マジックアワー)前後5~10分がそらの色が赤く焼け印象的なシルエット写真を撮るチャンス!

1 2





このまとめへのコメント14

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1 2