1. まとめトップ

旧皇族の11宮家とは?

1947年に皇籍離脱した11宮家のまとめ

更新日: 2013年12月06日

一瀉千里さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
65 お気に入り 347571 view
お気に入り追加

旧皇族(旧宮家)とは

旧皇族の11宮家は、すべて室町時代以来続く世襲親王家の筆頭であった伏見宮家の男系子孫にあたる。
明治天皇の皇女である4人の内親王が、竹田宮、北白川宮、朝香宮、東久邇宮の各家に、昭和天皇の皇女・成子内親王が東久邇宮家にそれぞれ嫁いでいるため、現皇室とも姻戚関係が深い

旧皇族の11宮家はなぜ皇籍離脱することと成ったのか?

昭和20年(1945)8月15日、日本は大東亜戦争敗北により、GHQ(連合軍総司令部)による軍事占領を余儀なくされる。
GHQの圧力・強制により、全ての宮家が存続し続ける事が事実上不可能な状況となった。
1947年5月3日、日本国憲法と日を同じくして「皇室典範」が施行。
同年10月13日、三直宮を除く全ての宮家に対し「皇籍離脱」の宮内府告示が下りる。
そして翌日の官報告示により、11宮家・51人もの皇族が一度に皇籍を離れる非常事態を迎える。

旧皇族11宮家の家紋と当主

伏見博明(1932年 - )
有限会社日本文化振興会総裁。国際学士院総裁。モービル石油顧問。

閑院宮春仁王(1902年 - 1988年)
春日興業を設立して社長に就任し、東海道本線田町駅前に春日ビル(現NEC春日ビル)を建設するなどし、
また地方の農業の改革を訴える活動を行っていた農民運動家に協力するなどしていた。
1988年(昭和63年)6月に死去する。これにより、宝永7年(1710年)以来278年続いた閑院宮家は絶家となった

久邇邦昭(1929年 - )
学習院大学政治経済学部卒業後、川崎汽船に勤務し取締役を務めた。
同社退職後は伊勢神宮の大宮司となり(1990年 - 2001年)その後神社本庁統理を務めた(2001年 - 2011年)。
前霞会館理事長(1991年 - 2007年)。

山階宮武彦王(1898年 - 1987年)
1918年11月に海軍兵学校(46期)を卒業。その後、貴族院議員となり、1946年まで議員であった。
また皇族として初めて海軍航空隊に所属し、自邸で操縦訓練を行うほどの傾倒振りだった。

北白川道久(1937年5月2日 - )
1960年(昭和35年)学習院大学政経学部卒業後、東芝に入社。
2001年4月、伊勢神宮の大宮司に就任。2005年11月15日、紀宮清子内親王の結婚式において斎主を務めている。2007年(平成19年)7月に退任。
現在、霞会館理事長(2007年5月30日 - )の他、学習院の同窓会である学習院桜友会理事、中等科・高等科桜友会会長(2008年3月1日 - )、日本会議顧問を務めている。
2011年6月4日付けにて神社本庁統理に就任した。

梨本宮守正王(1874年 - 1951年)
神宮祭主であったことから国家神道の頭目であるとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯として戦争犯罪人に指定され、巣鴨プリズンに拘置される。
本人も身の覚えがないと自覚しており、半年後に釈放されたが、宮邸に帰宅してみると、集団強盗に襲われ家財の多くが盗難に遭っていたという。

邦寿王(1922年 - 1986年)
1950年に京都大学経済学部卒業。東京銀行や日本国土開発などへの勤務を経て、後に賀陽会を主宰、賀陽政治経済研究所を設立し所長となった。
また、第8回参議院議員通常選挙(1968年7月7日投票)に全国区から立候補したが落選した。大日本居合道連盟初代会長を務めた。

依仁親王妃周子(1876年 - 1955年)
社会事業にも積極的で、愛国婦人会、大日本婦人衛生会の総裁を務めた。

竹田恒正(1940年 - )
慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。入社後マサチューセッツ工科大学に留学して経営学修士を取得する。
1992年5月11日、父の死によって竹田家を継承した。2009年に東京ゴルフ倶楽部理事長に就任し、2012年には公益財団法人日本ゴルフ協会副会長に就任する。

竹田恒正の弟が竹田恆和(日本オリンピック委員会会長)でその長男がTV番組によく出る竹田恒泰。

東久邇信彦(1945年 - )
慶應義塾大学法学部卒業後は三井銀行に勤務。財団法人日本タイ協会役員・常務理事、かをり会会員などの要職を歴任した。
2008年全日本野球会議名誉会長に就任。2009年日米友好の架け橋実行委員会名誉顧問就任。崇敬会「東郷会」の名誉会長、日本の伝統を守る会の名誉会長も務める。

1





一瀉千里さん

天道是か非か