1. まとめトップ

新500円硬化を用意してみよう~

簡単だよ。透かしでしょw

と、言ってる人は甘い!

500円の「00」の中に見られる「500円」の透かしは良く知られているが、この硬貨に用いられた偽造防止策はこれだけではなかった。

造幣局の「新500円貨幣を解剖する」というページで新500硬貨の偽造防止技術が紹介されているが、実はここに載っていないものがある。

国家機密なのか?

硬貨の表裏にあるマイクロ文字はそれぞれ「NIPPON」と刻印されている。

それはマイクロ文字、または隠し文字とも呼ばれるもので、普通に手にしているだけではぜったに気付くことのできない。

赤く囲んだ部分をよ~く目を凝らして見てもらいたい

←図の赤枠の中に「NIPPON」と刻印されている。

よっぽど目のいい人でもなにも見えないはず

人間の肉眼では、まず確認できないw

【表】

表:桐の一部を拡大して見ると、ところどころに文字がある。

表を更に拡大した画像
(クリック推奨)

【裏】

裏:「NIPPON」の文字がある。

裏を更に拡大した画像
(クリック推奨)

その文字サイズは一辺がおよそ180マイクロメートル(=0.18mm). もし500円硬貨の片面をこの文字で埋め尽くすならば17000字ほど書き込むことができる計算だ。

これらは、財務省や造幣局のホームページにも公開されていない、国家としての機密事項の一つに挙げられる。

これなら確かに偽造は無理だろう

だが、普通の人間の目に見えないのだから、偽造かどうか疑った場合にこれを見て判断することは非常に難しいのでは・・・

これだけではない、もっと様々な隠し文字や偽造防止策が施されている可能性はある。

世界に誇る日本の工業の底力を見せつける偽造防止技術である

1





ベッキーニさん

皆様の閲覧が私の動力源になります。
どうか他にも何か見ていってください。
http://bit.ly/YB8qz0