出典 livedoor.blogimg.jp

小説「裸者と死者」(1948)

作者は、日米戦に従軍したノーマン・メイラー。登場人物に、太平洋戦争が「日米五分五分の帝国主義闘争」だと言わせているが、当時の米国では特異な見解だ。

この情報が含まれているまとめはこちら

やっちゃったのね、第二次大戦!

天才鳥類フォーゲル教授が解説するあの戦争の全貌。

このまとめを見る