(ブルームバーグ紙は、)日本の政治家から出がちな反論として、「祖国のために命を散らした英霊のために祈って何が悪い? 米国のアーリントン墓地とどこがちがう?」という意見を紹介。ただし、これが「危険な勘違い」だと切り捨てている。

 ブルームバーグによれば、靖国神社は日本の戦時中の侵略的な見解のまさに「中心地(グラウンド・ゼロ)」であり、天皇を神格化する神道国家の司令塔的な存在だったとみている。

 また、母体は私的な団体に過ぎず、1978年にはこっそりとA級戦犯14名の合祀を強行している。この団体が運営する「遊就館」では、第二次世界大戦を美化し、日本人のノスタルジーを煽るような展示物が並んでおり、「神社」の政治的な使命を浮き彫りにしていると説明した。

出典結局「A級戦犯」のせい?海外紙が靖国参拝を問題視する理由 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

やっちゃったのね、第二次大戦!

天才鳥類フォーゲル教授が解説するあの戦争の全貌。

このまとめを見る