1. まとめトップ
  2. カラダ

中村福助さんも療養へ…知っておきたい「脳内出血」の危険性

歌舞伎役者の中村福助さんが、脳内出血による筋力の低下で長期療養することを発表。発症するとどんな症状が出るのか?原因は?予防法は?知っておきたい「脳内出血」の危険性についてまとめました。

更新日: 2013年12月06日

42 お気に入り 96413 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・歌舞伎役者の中村福助さんが脳内出血で長期療養へ

脳内出血で長期療養することになった中村福助さん

松竹は2013年12月6日、歌舞伎俳優の中村福助さん(53)が、脳内出血による筋力低下と診断され1月の歌舞伎座公演を休演すると発表

歌舞伎座新開場こけら落とし『吉例顔見世大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵』を休演していた歌舞伎俳優の中村福助が脳内出血により長期療養

来年3、4月には七代目中村歌右衛門襲名披露興行が予定されているが、これについては医師の診断を待って決める

・以前にはタレントの桜金造さんも患っていた脳内出血

桜金造さんも患い手術を受けていた

俳優、コメディアンの桜金造(56)が2013年2月12日、自宅の浴室で脳内出血のため倒れ、緊急手術を受けていた

当初は集中治療室にいたが、その後様態が安定したため、3日後に一般病棟に移動し、その後一日7時間に及ぶリハビリを行っていた

闘病生活を振り返り「私、軽~く地獄を見て参りました」と明かし「本格的なリハビリに入ります」と前を向きファンへの感謝の言葉

・この「脳内出血」とは?

文字通り、脳内の血管が破れ出血する脳内出血

脳内における出血をいい、一般に脳出血とか脳溢血といわれるものがこれにあたる

脳内出血とは、脳の血管が破れて出血し、流出した血液が直接脳細胞を圧迫したり、血腫を形成して神経細胞を圧迫するなどして各種脳障害を引き起こします

・出血の部位により分類される「脳内出血」

出血の部位により症状は異なる

出血部位によって分類するのが一般的

出血部位により、被殻出血、視床出血、皮質下出血、脳幹出血、小脳出血に更に細分化され、発症部位により症状は異なる

部位的にみると大脳半球の基底核部、とくに被殻の出血(外側型)が最も多い

・原因は?

一番の原因は高血圧

他の危険因子として喫煙、糖尿病、動脈硬化症、種々の出血性疾患

そのほか、脳動脈瘤、脳動静脈奇形の破綻、腫瘍内出血、脳の外傷、白血病などの血液疾患が原因

寒冷暴露などの自然環境のほか、労働条件やストレスなどの社会的、精神的要因

・症状は?

流出した血液が血腫を形成するなどし、脳細胞や神経細胞を圧迫、脳障害を引き起こす

1 2 3





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1