1. まとめトップ

SUBARUの名車!! インプレッサ「GC8」は技術力の結晶 …だった 笑

何年経っても褪せないSUBARUインプレッサの魅力を後世に伝えるためにも少しずつまとめていきたいと思います「GC8」を知らずしてインプレッサを語る事なかれ 知らない人はもぐりです 笑

更新日: 2014年04月07日

28 お気に入り 342280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yukioKUNさん

LEVORG?

やっぱりIMPREZAだろ

GC8をこよなく愛する我が共よ

ラリー界の頂点に君臨し、日本の技術力を世界に知らしめた歴史に残る車の一つ

今なお その魅力に取り憑かれたファンは多く、車好きを魅了する


先進技術を惜しみなく投入し、「人馬一体」を詠える感性の生きたモノ造り

そんな歴史と男達のロマンが詰まった車

それが「SUBARU IMPREZA STi」型式「GC8」です


知らない方達はこの機会にGC8の魅力をぜひ知って下さい(^-^)

こんな部屋に住んだら


きっと幸せ死してしまう

どの角度から見ても

堪らなくカックイイ



そう思えるあなたは立派なマニアです


私もです

ダートが似合う乗用車♪

ターマックも似合う♫

一体どれ程の人たちが真似してデコったことでしょう



内装もそっくりにしているツワモノもいました

ああ、たまに町中走ってるあの派手な車ね  何あれ?


という方

あのまんまの車が世界中を転戦する「WRC」というレースはご存じでしょうか?

”市販車ベースの車が一般道での世界最速を競う”という 車好き、レース好きには言わずと知れた
世界最高峰のラリーです

その全盛期(日本人にとって)を輝かしい記録で飾ったのが「SUBARU IMPREZA WRC」


町中で普通に見かける車が世界中の公道を走り回り、色んな国のラリーカーを抑えて

”最速”の栄冠を欲しいままにしていました

夢があると思いませんか? (^-^)

ドロドロのワインディングをドリフトしたり

町中を信じられないスピードとテクニックで駆け抜けたり

(もちろんレース中は一般車侵入禁止)

水の中にも飛び込んだり

よく空も飛んだりします



←観客には何m飛ぶかも楽しみの一つ
 距離が分かるように看板が立ってます


車はフォードのフォーカスWRC

どう? 凄い車でしょ?


←ちょっと違う型ですね
  この後のモデルでは「GC8好きな形」に少し戻りましたが、やっぱり「GC8」が一番♪

そんな車が普通にお店で買えてしまう

もちろんレース用は微調整したり、クラッシュしても死なないように補強したり改造されてますが
基本的に 同じ


特に市販のインプレッサの強度は並じゃないので、乗っていて「剛性感がある」のが分かる という声も聞きます


少し前にトンネル崩落事故で生還した記者が乗っていた事でも話題になりました

この車の加速力と、ボディー剛性があったのが幸いした  とも言われています

暴走はいけませんが、何かの時に安心な車という意味でも高い水準と言えますね

好敵手と切磋琢磨し 年々じゃじゃ馬になった古き良き時代の申し子

宿敵三菱ランサーとの意地の張り合いで モデルチェンジの繰り返し

三菱もランサーでWRCに参戦し市販車レベルでスバルとガチンコ勝負でした 笑


馬力は規制一杯まであげてしまい、コンマの世界でトルクアップをうたい、抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り返した結果が

外見ほとんど変わらないのに 中身は完熟のラリー使用


リアウィング外したら平凡な乗用車ともとれる姿でGTーRとゼロヨン勝負できる

このギャップがまた良いのです

水平対向エンジン、 AWD、 CVT、 アイサイトシステム(アップルと違うよ)

様々な先進技術を乗用車に組み込み、メカ好きや乗り物好きを唸らせてきました


インプレッサにおいては ”ロードゴーイング” と言われる程 運転手の手足のように操作でき

ワインディングを自然に気持ちよく走れる「ナチュラルな操作感」も卓逸していました

ボディタイプハードトップ
ドア数4ドア
乗員定員5名
型式E-GC8
全長×全幅×全高4340×1690×1405mm
ホイールベース2520mm
トレッド前/後1470/1460mm
室内長×室内幅×室内高1800×1385×1170mm
車両重量1250kg

(バージョンIVのスペック 写真は2ドアクーペのTYPE-R)

エンジン型式EJ20
最高出力280ps(206kW)/6500rpm
最大トルク36.0kg・m(353N・m)/4000rpm
種類水平対向4気筒DOHC16バルブICターボ
総排気量1994cc

よくインプのミッションはガラスのミッションだといっている人が居ますけどそれは前期型での話です。

後期になるに従いシンクロの強化とミッション事態の強化がしてあるので相当な下手くそかゼロヨンでイナズマシフトを繰り返さない限りは壊れません。

「Year, I love impreza♡
  I'm lovin' it!
 Do you like this?」

って言ってる  きっと 笑

往年の名車たちが峠で最速を勝負するあのマンガでも登場してしまいました

拓海「あのくそ親父、何が実用的で楽な車だよ!」  ←うーん、半分合ってる気はする

頭文字D本編では、藤原文太(および藤原拓海)の搭乗する、GC8型インプレッサ。
文太の愛車の為、『文太インプ』とも呼ばれる。

↑ こんな呼び名もあるんですね 笑  初めて聞いた  もう略して「文プ」とかでよくないかな

1 2