1. まとめトップ
  2. 雑学

危険信号?【猫のよだれがでたら確認すること】飼い主さんへ

猫のよだれは危険信号の可能性があります。猫のよだれについて記事をまとめてみました。

更新日: 2013年12月07日

202 お気に入り 432184 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zarzoraさん

なんだか飼っている猫のよだれが最近多い気がする・・・・

そもそもよだれはなぜでるのか?

唾液は起きている時も寝ている時もずっと出続けて、消化を助けたり口の中を洗い流して細菌をつきにくくしたりたくさんの働きをしている

唾液やよだれは汚いものという印象を持たれがちですが、唾液は口の中で食べ物と混ざりあって飲み込みやすくしたり、口にたまった食べかすや細菌を洗い流したり、口の中の乾燥を防ぐなど、さまざまな重要な役割を担っている、なくてはならないものです。

これは人間にも通ずるもので、唾液は動物にとって欠かせないものです。

でも、猫の場合・・

猫ではおいしい食べ物を前にしても犬のようにだらだらとよだれがあふれることはほとんどありません。猫がたくさんのよだれをたらしているときは、なんらかのトラブルが考えられます。

確かに、犬のようによだれをだしてご飯をたべるイメージはないですよね。
ましてやパブロフの犬のように食べ物のにおいだけでたらすこともありません。

ポピュラーなものでよだれが出る原因はどのようなのがあるのでしょう

口の中に異物

歯の隙間に大きなものが挟まったり、上あごに大きなとげのようなものが刺さったり、舌に糸状の異物が絡むことが原因でよだれが出ることがあります。

異物が口の中にある時、犬や猫はそれを取ろうと口の周りを前足で掻いたり気にするしぐさをすることが多いので、その行動も見逃さないようにしましょう。

猫を外に出したりして飼っているご家庭では、ありがちかもしれません。
外でなにか口に加えたりして傷ついたり、他の猫と喧嘩したりして口内が傷ついたりするのもよだれの原因になるかと思います。

口内炎

ネコは口内の疾患に弱く、何らかの病気やストレスで免疫力が低下した時、口内炎ができます。最初は小さなものでも次第に口内全体に広がり、ネコは痛みで食べられなくなり、衰弱していきます。

口の中に異物があるのと同様に、何かしら口に疾患がある場合です。
なんだか食欲がないなと思ったら口の中をみるなどしてチェックしてみてください。

歯垢や歯石の原因となっている細菌がつかないように消毒するか、既についてしまっている歯垢や歯石を取り除くかです。

近年では、猫用の歯ブラシなどが非常に充実していますので、飼い主の人は飼い猫のために歯を磨いてあげる技術を養うといいでしょう。

口内の傷口から細菌が入ってしまい、口内炎になってしまったり・・・
普段から口内に最近が繁殖しないようにしてあげるのも予防の一つです。
口内炎になってしまった場合は、獣医さんにつれていってあげて治療してもらいましょう。

猫風邪

鼻汁やくしゃみ、発熱、食欲不振のほか、口のなかや舌に潰瘍ができるため、痛みからよだれが多くなったり、口臭がきつくなったりします。

一言で猫風邪といってもたくさんの種類があるようで、人間のように、鼻水やくしゃみ、熱などの症状が出るみたいです。
この場合は猫風邪とわかりやすく対処しやすいかと思われます。

予防にはもちろん打ったことにはこした事ないですが、すべての猫風邪がひきにくくなるなんてことはなく。ワクチンにも効くウイルス、効かないウイルスがあるようなのでどのような猫風邪の予防ができるのか獣医さんに確認した方がよいかもしれません。

熱中症

1 2





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1