コーヒーショップ
コーヒーショップでは、ソフトドラッグを販売することが許されていますが、その量は1人に対して、1日に5グラムまでと制限されています。これらのコーヒーショップは行政によって厳しく管理、監視されています。コーヒーショップは宣伝や広告をすることも禁じられています。18才未満の未成年は、カナビスを購入することも、コーヒーショップに入店することも禁じられています。

麻薬政策
オランダの麻薬政策は、ドラッグの重要と供給、そして利用者と周辺社会のリスクを減らすことを目指しています。
オランダの麻薬政策は、麻薬を全面的に禁止することは不可能であるという、非常に現実的な見地から生まれた政策です。少量のソフトドラッグの使用を容認することで、ハードドラッグや組織的な麻薬犯罪の撲滅に集中するという考えです。

前へ 次へ