1. まとめトップ

怖い?可愛い?最近ネットで話題のSCPとは?

最近ネットで話題となっているSCP財団について自分なりにまとめてみました。

更新日: 2013年12月08日

100 お気に入り 883802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kantarou0103さん

The SCP Foundationとは?

The SCP Foundationとは、海外の怪奇創作をまとめたサイトで、簡単に言えば都市伝説を作っているサイトです。SCPは、Secure(確保).Contain(収容).Protect(保護)を略してSCPと呼ばれています。

SCPの危険度

SCPにはオブジェクトクラスという主に3つの項目に振り分けられます。危険なSCPは「keter」
比較的安全なSCPは「safe」のように危険な順に振り分けられます。

オブジェクトクラス Safe

"Safe"は効果的かつ確実に取り扱う事ができるSCPに割り振られています。

Safeは収容する必要がないわけではありません。多くのSafeは通常非常に危険です。
Safeは適切に取り扱えば安全なものに割り振られます。
Safeは例えるなら銃、核兵器、ポロニウムの様なものと言えます。
左の写真は、SCP-127の内部構造です。こちらのSCPはsafeに分類されます。

オブジェクトクラス Euclid

Euclidは行動が予想できない、現代科学では解明できない、十分に研究ができていない対象に割り振られます。
Euclidは脱走した時Keterほど危険ではありませんが、Safe以上に丁寧な扱いを必要としています。

多くのEuclidは財団や人類に有効に使うことができますが、未解明な部分が多いので思わぬ副作用があるかもしれません。
いくつかのEuclidはSafeへの指定を検討されていますが、ほとんどが厳正な実験を行なっても未解明なままです。
左の写真はSCP-173の姿です。このSCPはEuclidに分類されます。

オブジェクトクラス Keter

Keterは以下の2つの条件を満たす場合に指定されます。
 (a) 人類の生命、文明、空間に対して極度の敵意を示す。
 (b) 脱走した際に甚大な被害をもたらす。
単に人類に敵意を示すだけではKeterとしては指定されません。Keterは人類に敵意を示し、広大で複雑な収容所が必要な場合に指定されます。
左の写真はSCP-682の写真です。このSCPはketerに分類されます。

見た目は可愛いけど・・・

SCP-1356は小さい浴室用玩具で一般的な"ゴムのアヒル"のデザインに似ています。
被験者が持つと液体の水を移動させます。被験者が玩具を持って湖やプールに入ろうとすると、の水がすべて消えてることに気づきます。
これを持って海に入れば・・・
このSCPはSafeに分類されます。

半身猫のジョーシーと呼ばれ、特別に警戒する必要はありません。あたかも真っ二つに切断されたような外見をしています。
そのような状況にもかかわらず健康問題は無く、まるで四肢が全て揃っているかのように動きまわります。

断面図から身体の中を覗くことはできず、代わりに可視光線をすべて吸い込む黒い綺麗な穴が見えます。
このSCPはSafeに分類されます。

SCP-1616は一般的に、時間の経過とともに頬の中に現れる有機物質を可能な限り摂食します。
SCP-1616の頬は、生成するあらゆる物体に適応して拡大します。ひとつの事例として、体重105kgあるゾウの幼児のサイズに適応して拡大しています。
このSCPはKeterに分類されます。

ゲーム化までされていた!

1