1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

今やカップルの定番スポット!?『目黒寄生虫館デート』のススメ

目黒区の博物館「目黒寄生虫館」。来館者の多くがカップルという、今や定番デートスポットにもなっている東京でも屈指のワンダーな空間です。寄生虫館デートが人気の理由と、デート後に便利な周辺グルメマップを併せて紹介します。今度の休日は寄生虫館デートにGO!

更新日: 2014年11月24日

482 お気に入り 336889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

珍スポット・目黒寄生虫館がカップルに大人気!?

「今度の休日どこいく?」
「目黒寄生虫館行きたい!」
そんな会話が今もどこかのカップルの間で交わされているかもしれません。

目黒寄生虫館カップル多すぎワロタ。べ、別に悔しくなんかないけどさ。

ネタでなくガチでカップル多いです寄生虫館。デート中の同期にも会ったしな…。

ぴったり肩を寄せ合ったカップルがキャーキャーいいながら仲睦まじく寄生虫を見ている姿はもはやアートだ (@ 目黒寄生虫館) 4sq.com/1h47Jov

恋愛対象から外れてしまっているだろうという片想いしている男性が その好きな女の人との寄生虫館デートのプランの相談をしているページを見つけて とても、こみあげるものがありました

目黒の寄生虫館行ったら意外にもカップルだらけで疎外感を感じながら一人寂しく展示品を見てたんだが、隣で見てたカップルの女の方が彼氏に「ねぇ〜〜そろそろ行こうよ〜〜お腹すいた〜〜ステーキ食べたい〜〜〜」と言ってて彼氏が困った顔をしていた。この博物館で1番大きな寄生虫を見てしまった。

目黒寄生虫館とは?

出典itot.jp

開館時間:10:30~17:00
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
入館料:無料

目黒駅西口から徒歩約15分。

目黒寄生虫館(めぐろきせいちゅうかん)は、世界で唯一の寄生虫の博物館

東京の目黒区にある、寄生虫に関する研究・展示・資料収集・鑑定・啓蒙活動等を行っている施設です。

入館料は無料

無料ですが、運営費としてカンパを募っているのでぜひご協力を。

寄生虫の不思議で巧みな生き方が学べたり、実物標本約300点を展示

写真や文字だけでなく、動画を交えた展示などもあり、寄生虫について分かりやすく学べます。

▷ そこまで広くない館内には、所狭しと寄生虫の標本が並ぶ。

ユニークな試みのこの博物館は1953年、医学博士の亀谷了氏が設立した

実はかなり歴史のある博物館です。

館内には、普段見かける事が無い多種多様な寄生虫のホルマリン浸けの標本や、巨大(巨長か)なサナダムシの標本があり、訪れる人たちの目を釘付けにします

実際にヒトから採取されたという8.8メートルのサナダムシは圧巻。

東京は目黒にある穴場として有名なデートスポット

いやいや、「寄生虫の博物館」がデートスポット…って……。。

何故!? デートスポットとして人気になった理由

人気の秘密はその企画の凄さですが、さらに入館料が無料というのも大きな理由

無料でありながら、研究施設だけあって解説などにも説得力があり、さらに口コミ効果も高いのが人気の理由だとか。

2人でちょっと刺激的な場所に訪れて驚きを共有してみるのは、いい思い出に残るかも

付き合い始めていきなりココでデートはちょっと…と思いますが、倦怠期を感じたら刺激を求めて訪れてみるのもアリ!?

▷ サナダムシが描かれたランチバッグ、さまざまな寄生虫がプリントされたTシャツや定規など、オリジナルの寄生虫グッズも無駄に充実。

体験談

おそるおそる中に入るとそこには驚きの光景がありました。
なんと、噂通り 来場者の半分以上が「カップル」だったのです。

気持ち悪い~と思いつつも入場料が無料ということで行ってみた博物館。 結果、ハマりまして、何度も訪問しております。

初めて目にする寄生虫を楽しく拝見させていただきました。

1 2