1. まとめトップ

美容や美肌に有効な「フコイダン」って何?

モズクやメカブに含まれるネバネバ成分、あれが美肌にも効果的だった!

更新日: 2013年12月11日

ひびきすさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 8663 view
お気に入り追加

「フコイダン」って何?

フコイダン はモズク、メカブ、ワカメ、昆布等の海藻のヌメリに含まれる成分です。

海藻には自ら傷ついた部分を修復し、乾燥や細菌から身を守るバリア機能があるといわれており、それこそが特有のネバネバ成分に含まれる「フコイダン」

抗がん作用だけでなく、様々な効果が期待されるフコイダン。美肌と関係の深い効果も発見されています。

美容に抜群の成分だった!

フコイダンにミネラル・ビタミン・アミノ酸・ペプチド等が含まれているほか、紫外線によるしみ・くすみ・黒ずみ・ソバカスの原因であるメラニンの生成を抑制する働きが認められているため、美容や美肌にも有効

フコイダン効果、昆布の科学

生命の源と言われる海の中の養分を十分に吸収して育った海の野菜・海藻は、海水の栄養を体の中に凝縮して抱え込む性質があり

陸上の一般野菜に比べてビタミンやミネラルが多く、高等動物になくてはならない必須の微量元素のカルシウム・鉄・マグネシウムなどが多く含まれています。

海藻には低エネルギーで消化・吸収されやすい単糖類や資質などの栄養素は少なく、良質の水溶性食物繊維がたっぷり含まれており、食物繊維を効果的に摂取するための供給源として考えられています。

海藻類の食物繊維には、従来では考えも付かなかったような機能や、著しい効果を持つ栄養生理学上の有効成分が含まれていることが確認されています。

フコイダンを多く含む海草類

●モズク
モズクはメカブなどよりもフコイダンの含有量が5倍から6倍多いとされ
その中でも、国内で養殖技術が進んでいるオキナワモズクは、
フコイダンの含有量が群を抜いていると発表されています。

●ヒジキ
ヒジキは、干ヒジキが一般的で、天日乾燥されたものが市販されています。
黒い色はヒジキが持っていた色ではなく、
本当は茶色~褐色をしているのが普通です。

フコイダンは、海藻のヌルヌル成分に含まれるので
ヒジキにおいてのフコイダンの含有量は減少されると考えられている。

●メカブ
メカブはワカメの根元の部分のことで、ワカメが繁殖するための
中枢部分であるので、栄養素が凝縮されていると考えられています。
メカブは、モズクについでフコイダンの含有量も多いといわれています。

●コンブ
コンブに含まれる多糖類にはヌメリ成分のアルギン酸の含量が多く、
フコイダンだけを精製するには工程が複雑ですし、
時間と手間がかかり高い価格にならざるを得ない欠点があります。

1





ひびきすさん

見やすいまとめが作れるようがんばりますっ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう