1. まとめトップ
  2. ガールズ

ヘルシーなだけじゃない!女性に嬉しい「おでん」の具

コンビニなどでも手軽に食べれる「おでん」は、キレイになれる具を賢く選ぼう♪

更新日: 2013年12月09日

644 お気に入り 200586 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chiimmiiさん

寒い季節は、あったか「おでん」でキレイになりたい♪

低カロリーなだけでなく、お腹も満たしてくれるのがおでんの魅力

胃もたれ、便秘が気になるなら定番の「大根」

おでんの定番でもある「大根」は、消化を高めて胃のもたれや腹部膨満感を解消してくれる効能が高い食材だから、年末年始で疲れた胃腸にピッタリ

大根:約15kcal

胃腸が疲れていることから来る肌荒れが気になるときは、おでんの大根をゆっくり食べるようにすれば胃腸の疲れも緩和される

美容成分が豊富な「たまご」でバランスUP

美肌や美髪づくりに欠かせない、アミノ酸をバランスよく含む「たまご」を選べば、食事のバランスも整って食べごたえもアップ

たまご:約80kcal

1個の卵に、女性ホルモンのもとになる大切な栄養素をはじめ、良質なたんぱく質やミネラルがぎゅっと詰まっています

乾燥肌にうれしいセラミドを摂るなら「こんにゃく」

寒い季節に気になる乾燥は、美肌成分セラミドを豊富に含む「こんにゃく」を食べてしっとり肌を目指そう

ポイントは、生芋こんにゃくを選び、よく噛んで食べること

こんにゃく:約10kcal

角質層の保湿に欠かせない、肌の保水力を保つセラミドを取ることができる食べ物が「こんにゃく」

こんにゃくには美白作用がある上、シワを減らし、肌のキメを整えてくれるセラミドがたっぷり

コラーゲンたっぷりな「牛すじ」でプルプルお肌

お肌の潤いに必要なコラーゲンとエラスチンをおいしく摂れる「牛すじ」は人気モデルのローラもお気に入り

コラーゲン合成にはビタミンCの摂取も併せて行う必要があるので、ビタミンCの豊富なじゃがいもを一緒に食べるのがオススメ

牛すじ:約50kcal

牛すじは、女性にとって美容に大変効果のある優秀な食材

牛すじにおけるコラーゲンの含有量は100g中30mg強と、コラーゲンが多いイメージの鶏皮や高級美肌食材のフカヒレをも凌ぎます

塩分が気になるおでんは「じゃがいも」でむくみを防止

加熱に弱いビタミンCも摂れる「じゃがいも」を炭水化物の代わりに食べれば、栄養を摂りつつ、腹持ちもアップ

じゃがいも:約70kcal

ジャガイモは「カリウムの王様」と言われるほど、むくみを取る成分であるカリウムが豊富

美容効果を高める「おでん」の食べ方

健康上気をつけたい点は、塩分が高めであること

特に練り製品(ちくわ、さつま揚げなど)は素材に塩分があるので、食べすぎには注意。

野菜が不足してしまうので、コンビニならサラダ、自宅ならお浸しなどお野菜プラスで栄養バランスをとりましょう

フルーツなどを食べておくとビタミンCも取ることができて、さらに栄養的にはバランスがよくなります

1





このまとめへのコメント19

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1 2