提供:ユーキャン

デジタル化に逆行?若者の間に広がる「美文字」ブーム

綺麗な文字を書かなきゃと思っても、実際は...という方も多いですよね。。いま、学生時代からメールに慣れ親しんでいる若い人の間で「手書き」の文字が見直されているらしい。

更新日: 2014年01月14日

456 お気に入り 811669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いま、若者に広まる「手紙」リスペクト

手紙は“手書き”すべきと考える人が、8年前に比べると10-30代で大幅に増加。手紙は手書きする特別なものという意識出てきている

文化庁調べでは、逆に40代以上では減ってるんだとか。。意外。

渋谷ロフトでは3~5月の筆ペンの売上高が前年比2割増と、近年になってますます注目されている

「字」への悩みは...尽きない。。

綺麗な字を書きたいと思いつつも...実際はなかなか難しい。

字が綺麗にかけるようになりたい。切実に。書類になるといつもの2倍ほど、字が汚くなる。

重要な書類になれば尚更...。

綺麗な字が書きたくて、丁寧に書こうと意識したり下書きしたのをなぞったり色々模索したけど結局綺麗になれなかったんだよな… すごい癖字だから大人っぽい字に憧れる

手紙や領収書を書くたびに、自分の字の汚さに嫌気がさして、書いたものを指ごとシュレッダーにかけてそのままコンクリ詰めにして広大な海に廃棄したくなります。やっぱペン習字かなぁ。

その気持ち、分かる。。

“文字力”が天国と地獄の分かれ目?

営業の人が「あまりにもバランスの悪いクセ字で書かれた契約書の文字に不信感を抱いた」と、契約そのものを取りやめにされてしまった

同僚の履歴書を見た瞬間..「うわっ、ととのってる!!!!」すごくしっかりとした人という印象で、この子はどれだけできる子なんだろうというささやかな脅威のようなものを感じた

派手好きでギャル系な同僚が書いた字が、師範でもできそうな達筆でびっくり!人は見かけによらないこともあるんだな~

就職先に保険の書類を提出したら、電話で「もっと、きっちり丁寧に書いて下さい」と怒られた。今までこうやって怒られた事がなかったので正直すごくショック

デートの時に入ったお店のウェイティングリストに名前を書いたら、彼氏に「字が汚い」と引かれて振られそうに…

…まじで?

上達しない人には共通点が...!

大事なのは自分の字の「癖」を見ぬくことらしい。

文字を書くとき、手よりも先に、まず頭の中に「文字の形(脳内文字)」を思い浮かべます。この脳内文字が整わない限り、文字の乱れは改善されない

綺麗な文字が書けるかどうかは、“脳”にあった?

どこがダメなのか自分で気づく人は勝手に上達していく。上達しない人はなかなか気づかない。やっぱり“見る目のある人”に指摘してもらうのが一番

一度、染み付いてしまった癖字は、大人になってから直そうとしても、そう簡単に矯正できない。通信講座の「添削指導」は上達の近道

誰かに“見てもらう”ことが大事なのね。

あの「ユーキャン」の講座が伸びてるらしい。

数ある講座の中でも、常に上位にランキングされるほど。受講生の総数は180万人もいるんだとか。

レッスンは1日20分(テキスト2ページ)。手本の文字をなぞってマネる「なぞり書き」で、手が自然にバランスの良い字形を覚えていく

正しい「脳内文字」をインプットするってこと?

まず、“ひらがな”を8日間集中レッスン。 普段書く文章の約70%は ひらがななので、これで文面全体がグンと好印象に

文字をひと文字ずつ丁寧に指導する「赤ペン添削」。温かく的確なアドバイスも

添削指導は計12回あるんだとか。

思ったより指摘が細かい…!

テキスト内のコラムで、冠婚葬祭や表書きの常識、贈り物やお返しのルールなど、イザという時に困らないための知識も身に付く

「字」を綺麗にするだけじゃなかった。

1