ジョンが18歳の時、当時の女友達と性交に及ぼうとするも意識を失う。それを知ったスタンリーは、「お前の中のオカマが登場した」と言った。最終的には家を追い出されたが、それでもジョンは自身を罵倒し続けた父親を心から愛しており、いつか父親に認めてもらおうと一生懸命に働き続けた。

出典ジョン・ゲイシー - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】「シリアルキラー」世界を震撼させた連続殺人鬼

世界の恐るべき連続殺人鬼たち。不幸な生い立ちや犯罪の動機など様々ですが、常人には計り知れない狂気が存在しています。

このまとめを見る