1. まとめトップ

『週刊プレイボーイ』で人生相談があったことをご存知だろうか?
女、酒、金、仕事、生き方…いつの時代もつきまとう若者の悩みに破天荒な相談役が回答した。

2006年にプレイボーイ40周年記念として、1966-2006年に行われた人生相談の一部を抜粋した『プレイボーイの人生相談 1966-2006』より、人生相談の指南役をご紹介しよう。

柴田錬三郎 『キミはやれ、俺がやらせる』 1966年1月~1969年3月

作家。『イエスの末裔』で直木賞を受賞。眠狂四郎シリーズを生み出した。

遠藤周作  『よろずぐうたら相談室』 1974年1月~1974年10月

作家。「白い人」で芥川賞受賞。「海と毒薬」で新潮社文学賞、毎日出版文化賞を受賞。「沈黙」で谷崎潤一郎などいくつもの文学賞を受賞。

今 東光  『極道辻説法』 1975年9月~1977年8月

「お吟さま」で直木賞を受賞。文学以外にも僧侶として中尊寺貫主という大役をつとめ、参議院議員にもなった。

柴田錬三郎 『円月説法』 1978年5月~1978年11月

*40年間、期間を分けた2回、人生相談指南役を務めたのは柴田錬三郎のみ

岡本太郎  『にらめっこ問答』 1979年1月~1981年5月

芸術家。「芸術は爆発だ!」と叫ぶCMはあまりにも有名。大阪万博の「太陽の塔」を手がける

石原裕次郎『スーパーライブ直伝』 1981年5月~1981年12月

「太陽の季節」でデビュー。「狂った果実」「嵐を呼ぶ男」など主演作が大ヒット。刑事ドラマシリーズ「太陽にほえろ!」「西部警察」

開高健 『風に訊け』 1982年6月~1985年10月

作家。「裸の王様」で芥川賞を受賞。「輝ける闇」が毎日出版文化賞を受賞。

野坂昭如 『神保町の父、かく宣まいき』 1986年1月~1987年1月

作家。「アメリカひじき」「火垂るの墓」で直木賞を受賞。「同心円」で吉川英治賞受賞。「文壇」で泉鏡花文学賞受賞。

坂井三郎 『大空に訊け!』 1994年2月~1994年5月

元零戦搭乗員・作家。太平洋戦争での戦闘体験をまとめた著書「大空のサムライ」が世界的ベストセラーになる。

赤塚不二夫『これでいいのだ!!』 1994年6月~1995年12月

1 2





kohojさん

とあるところの広報女子です。広報系についてまとめようかと思ったのですが、趣味の絵本やイラストなどについてばかりまとめてしまっています。。。