1. まとめトップ

意外と知られていない国から無利子で50万円を借りる方法

サラ金なんかで金を借りるな!金がないのに金を借りて返せるか!その前にあるよ総合支援金、お金が必要な人、住居がない人意外とみんな知らない総合支援金なら償還期限20年

更新日: 2013年12月13日

16 お気に入り 28092 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ponponpon7さん

■厚生労働省:総合支援資金貸付
失業等により日常生活全般に困難を抱えている方に対する、生活支援費(上限:2人以上世帯月額20万円・単身月額15万円×最長12ヶ月)などの貸付制度。

貸付の条件はこれだ!

(1)貸付の対象者
総合支援資金貸付は、生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる方であって、次の要件のいずれにも該当する方が対象となります。

低所得者世帯(市町村民税非課税程度(前年に所得があったために課税世帯であっても、現に非課税世帯程度の収入しかないと認められる場合を含む))であって、収入の減少や失業等により生活に困窮していること
公的な書類等で本人確認が可能であること
現に住居を有していること、または住宅支援給付の申請を行い住居の確保が確実に見込まれること
実施主体及び関係機関から、継続的な支援を受けることに同意していること
実施主体が貸付及び支援を行うことにより、自立した生活を営むことが可能となり、償還(返済)が見込めること
他の公的給付または公的な貸付を受けることができず、生活費を賄うことができないこと
本人及び世帯に属する方が暴力団員でないこと

住宅支援給付とは?

住宅を喪失または喪失するおそれのある離職者に対する、賃貸住宅の家賃のための給付制度
※地域ごとの上限額及び収入に応じた調整があります。

支給の条件

(1)支給の対象者

住宅支援給付は、次の要件のすべてに該当する方が対象となります。

離職後2年以内の方及び65歳未満の方
離職前に主たる生計維持者であった方(離職前には主たる生計維持者ではなかったが、その後離婚等により、申請時には主たる生計維持者となっている場合も含む。)
就労能力及び常用就職の意欲があり、ハローワークに求職申込みを行う方
※ ハローワークへの求職申込みと月2回以上の職業相談、自治体での月4回以上の面接支援等、求人先への原則週1回以上の応募等が必要です。
住宅を喪失している方または賃貸住宅に居住し住宅を喪失するおそれのある方
申請者及び申請者と生計を一つにしている同居の親族の収入の合計額が以下の金額である方
   単身世帯  :8.4万円に家賃額(ただし地域ごとに設定された基準額が上限)を加算した額未満
   2人世帯  :17.2万円以内
   3人以上世帯:17.2万円に家賃額(ただし地域ごとに設定された基準額が上限)を加算した額未満

申請者及び申請者と生計を一つにしている同居の親族の預貯金の合計が次の金額以下である方
   単身世帯:50万円 複数世帯:100万円
国の住居等困窮離職者等に対する雇用施策による給付等(職業訓練受講給付金等)及び自治体等が実施する類似の貸付又は給付等を、申請者及び申請者と生活を一つにしている同居の親族が受けていないこと
申請者及び申請書と生計を一つにしている同居の親族のいずれもが暴力団員でないこと

緊急小口資金とは?

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合(医療費などの支払い、給与の盗難や紛失、火災などの被災、年金・初回給与等の支給待ちなど)に無利子で小口の資金を貸し付けるもの。

緊急小口資金を利用できる世帯

(1) 市県民税が非課税又は均等割課税程度の低所得世帯(収入基準があります)
  ※失業等により所得が減少し、現在、低所得世帯の状態と同等であると認められる世帯も含みます。
収入基準(平成24年度)  ※収入基準は毎年改定されます
世帯人員
1人
2人
3人
4人
5人
平均月額
177,000
261,000
319,000
376,000
411,000
(2) 身体障害者、知的障害者又は精神障害者の手帳の交付を受けている方等がいる世帯
(3) 日常生活上介護を要する65歳以上の高齢者がいる世帯(収入基準があります)

なお、上記(1)~(3)に該当しても、次の方はご利用できない場合があります。

穴の開いたバケツ「第二のセーフティネット」を見直せ 鈴木亘

食い物にされた「総合支援資金」偽の名前・住所で回収不能続発

申請前で悩んでいる人はまず動いてみよう
役所や担当によって対応も多少違うかもしれんが(担当は言えば変えてもらえる)

俺の場合
05日 個人経営の勤務先が倒産 失業保険も未加入だったので瀕死状態
07日 いろいろ調べてまずハロワへ (ここの担当がいい人でいろいろお世話になりました)社協へ連絡してもらいその足で社協受付
08日 住宅手当申請のため市福祉課への紹介状を貰いアポ電もしてもらい住宅手当申請
14日 住宅手当の確定書類提出到着
15日 住宅手当の確定書類提出 緊急小口資金と総合支援資金を申請

03日 緊急小口資金振込みあり 10万
25日 総合支援資金振込みあり 15万
当月より住宅手当振込み開始連絡あり

この間、近況報告その他のため足を運んだ回数 ハロワへ1回 市福祉課へ2回 社協へ1回
民生委員がどうのという話は一切なし 電話や訪問調査もなし
恥ずかしかったのは大家に住宅手当の記入押印を頼む時ぐらいだった

1