1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

かっつくさん

なんでしょうか?この猫たちは?

時々、何もないはずの壁や天井を一心不乱に見つめ続けるネコがいます。

誰もいない筈の網戸の手前側を猫がじぃーーっと暫く一点
凝視していたかと思うと、いきなり恐いものを見るような
体勢で全身を総毛立たせ「フーッ!」と威嚇し始めたんです。

急に部屋へ入ってきたうちのにゃんこは、一点を「じーっ」っと見て微動だにせず。

普段と変わりない部屋の片隅や、何もいるはずがない壁をネコが凝視することがあるんですよ。

謎の解明!!!猫は地獄耳!!!!!

人間の耳は29~19キロヘルツの範囲で音を聞くことが出来ますが、
    猫は65~30キロヘルツの音が聞こえます・・・・。

猫は小さな物音や、少しの気配を敏感に感じ取ることができます。獲物を捕まえるために、音や匂いに対する感覚が非常に鋭いんです。なので、なんらかの気配を察知すると、そっちのほうを見る習性があるんです。小さな虫が飛んでるのかもしれないし、もしかしたら霊がいるのかもしれない(笑)。ともかく人間が気づかないものも猫には見えています。あるいは、面白いものないかなって、探しているのかもしれませんね

人間には聞き取れない音をキャッチしているだけの話なんですよ。

人間はもちろん、犬より抜群に耳はいいので、たとえば壁の中の配管を流れる水の音とか、電気製品がたてるかすかな音とかいうような、ほんのわずかな音が聞こえているのではないでしょうか

私達には聞こえないような、遠くから聞こえる音や
    虫が飛んでいる音、そんな小さな音をなんでもキャッチしてしまうので、
    一点を見つめているときは何かが聞こえてきて、耳の角度を調節し、
    耳をすましている

いや!もしかして霊的なものが見えてるのかも???

猫は霊感に優れていて、霊感の強さによってはそばにいると直感が冴えることもあります。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1