1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今年最後の天体ショー、ふたご座流星群がやってくる【14日未明】

今週末、三大流星群のひとつ、双子座流星群がやってきます。見ごろは、12月13日深夜~14日未明です。

更新日: 2018年12月16日

817 お気に入り 71774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

2014年のまとめは、こちら。http://goo.gl/JdFP5m
2015年のまとめは、こちら。http://goo.gl/UjGt2q

見ごろは、12月13日深夜~14日未明

2013年のふたご座流星群がもっとも流れる極大時刻は、12月14日15時ごろと予想されています。これは日本では昼間の時間なので、

流星をキャッチするチャンスは、13日の夜から14日未明と、14日の夜から15日未明の2回。

観察にベストな時間はというと、それは14日の夜明け前です。

つまり14日の朝4~5時ごろってことになります。

ずらすのであれば後ろではなく前にずらしたほうがいいです.13日未明や12日未明でもよいでしょう.

月明かりを考慮して、前にずらす。

深夜から明け方にかけて、できれば月が沈んでから

12月13日から14日にかけての夜は
月齢11の月があります。

月が沈む午前3時半から4時ごろ(地域によって時間差があります)までは、月明かりがあるので条件的によくありません。

月が沈んでから空が明るくなる薄明開始までの1時間半くらいは、観察条件がよくなります。

13日では3時頃,14日では4時少し手前,15日では5時少し手前にいずれも月が沈みます.

観測のポイント

ふたご座流星群2013年12月14日に流れる方角は、真上を見ればOK | @attrip (アットトリップ) attrip.jp/121663/ pic.twitter.com/PkGdkonOgb

「月が視界に入らない方向」でかつ「市街地ではない方向」を見るといいでしょう.

とても寒い時期です。防寒着はもちろん、しっかり寒さ対策をして流星観察を楽しんでください。

ふたご座流星群とは

ふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群

極大期において、熟練者が夜空の暗い場所で観測したときに、一時間あたりに見られるおよその予想流星数は80個。

流れ星の突入軌道から、ファエトンという1983年に発見された天体のチリによって現れているということが明らかになりました。

リンク

1





このまとめへのコメント12

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1 2