1. まとめトップ

なんか元気出る。大久保佳代子おもしろ発言集

自虐たっぷりのキレのある大久保佳代子おもしろ名言集です。

更新日: 2015年02月23日

25 お気に入り 118507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

出典jisin.jp

1972年5月12日生まれ。0型。愛知県出身。
1992年より、光浦靖子と共にオアシズとして芸能活動開始。一時期は芸能活動を休止し、一般社会人として生活を送っていたが、2000年より『めちゃ2イケてるッ!』に新レギュラーとして出演。以後は様々なバラエティ番組に出演しブレイク。現在も初の冠番組『だんくぼ』(テレビ朝日系)など多数の番組に出演中。

「矢口さんというライバルが出てきたじゃないですか。本物じゃないですか、実績もあるし。2015年は体を整えて性欲を戻して、男関係でバリバリやりたい」と矢口に負けていられないとばかりに鼻息を荒くした。

壇蜜っちゃんが出てきた時に、「ヤバイ!(自分とキャラが)かぶってる!」と思ったんですね。その人と2人で番組をということで、「いいね!ぶつけてきたね!」と思いました。

「大久保さんは、隙がないから男が手を出しにくいんですよ」。
いやいや、全然ですよ。隙だらけ。
三匹のこぶたの一番目のぶたが作った家くらい隙だらけだって。

「大久保さん、固そうだからな」
いやいや、ゆるゆるだって。
牛乳入れすぎて失敗したフルーチェくらいゆるゆるだって。
もっといい例え募集中。

ムカつく感情がおこると、表には出さず押し黙ってしまい、心の中で「嫌だなぁ。こいつ死んでくれないかな」とねちっこく思うタイプなんで要注意ですよ。

気持ちよく異性と呑んできた。でも彼は、天変地異があっても一番に私を思わないだろうし、「精子くれ」と言ったら、一回、手の平で握りつぶしそうだし。草食ばっか…って思ってる鏡に映る私の顔がメスゴリラでした。おやすみなさい

30歳の頃、2年ほど付き合った彼に、
「好きな女の子が出来た。別れてくれ。ただ大久保のことは人間としては好きだから、友達として付き合っていきたい。だから申し訳ないが、もうセックスは出来ない」
と死刑宣告のような、衝撃的な言葉を投げつけられた時のショックはいまだに覚えてる。

「今年はお笑いを一生懸命やっていきたい。でも、ボチボチ結婚とかの動きもあれば……。ぜいたく言えないが、できれば男性と濃厚なキスがしたい」

お金を払えば、男性は優しくしてくれるんです。ここ数年は絶対私が払っているんですよ。『女性はおごってもらって当然』とチヤホヤされた経験もないから、もしお金を払ってくれる男性が現れたら、すぐ好きになっちゃいます。

引っ越したばかりの自宅に男性を誘い込んだが、「間取りだけ見てキレイに帰宅」。あいにくの結果となり「どうやら彼は私ではなく、私の不動産に興味があったようです…」と肩を落としている。

「イイ女”は電車でチカンにあったらどうするのか?」との質問に・・・司会の佐野瑞樹アナウンサーをチカンに見立て「ニヤニヤしながら全面的にはしゃぐ。チカンを楽しむ。そうすればたいていの男性(チカン)はひるむ」という回答

呑みロケは、楽しいけど放送禁止用語が、甘くなりがちだから困る。たちんぼは、響きが可愛いからOKかと思ったらアウトだし。

高校生制服カップルのホームでのいちゃいちゃっぷりが、爽やかさの欠片もなくねっとり。女子の顔をよく見たらかたせ梨乃風熟女感があり、コスプレの可能性が出てきました。

男性に対して人の悪口なども言うことがあるというが、相手に「そういうこと言うのやめなよ」などといさめられると「なんだこの偽善」「どのツラ下げて言ってんだよ」とイラッとする

1