1. まとめトップ

【世の中金や金や!】悪の錬金術師:杉山治夫とは?

たまたま見つけたyoutubeで強烈な個性を放っていた杉山納夫について簡単にまとめました。

更新日: 2016年07月22日

4 お気に入り 78495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fuckintoshさん

元消費者金融経営者・元実業家。
日本百貨通信販売を含む杉山グループ元総帥。

「借金取り立て王」・「腎臓売買王」 ・「闇金残酷取り立て王」・「闇金業界のグランドスラム」などと言われる、あるいは自称している。

(引用元wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%B1%B1%E6%B2%BB%E5%A4%AB)

凄まじい経歴の持ち主

【出生〜17歳】
船乗りの父は稼いだ金を酒と博打につぎ込み、女の元へ。 残された母子(父に移された梅毒で失明)はベニヤ造りの納屋で生活補助も受けられず、極貧の生活を送る。

盲目の母の手を引き、 山へ風呂炊き用の松葉拾いに行って生計を立てる。 母を食わせるため、畑で盗みを繰り返した。

中学を2年で中退、時計屋の丁稚となる。

借金を抱えた時計屋を、高利貸しから借りた金で買収→『杉山時計店』設立、原価の4~10倍で売りまくり、 電化ブームに乗って多角経営に乗り出す。

【23歳〜】

結婚後、 手形の不渡りで店が倒産。借金を取り立てに来た、高利貸しの社長秘書となり高知へ。 半年勤めた後、借金し、『杉山眼鏡』を設立→ホテル経営、高利貸しにも。 暴力的取り立てで、2カ月留置所に拘留。

『日本百貨通信販売』を設立する。 従業員は90人に膨れ上がっていた。不渡り手形を出し、二度目の倒産。→関西の暴力団に連れ去られ六甲山で首まで埋められるが、親分に度胸を認められ組員となる。

【29歳で東京進出〜】
新宿を前線基地に、10年で闇金融・手形割引・地上げ、腎臓売買、売春強要を主とし、約1,200億円の財産、金満家教会以下120の会社を持つ杉山グループ総帥となる。

その暴力的取立てが社会問題となり、ワイドショーの取材も受け、知名度が全国区へ。

逮捕

2002年3月21日(杉山氏64歳の頃)に、偽造した金銭借用証書を使って訴訟を起こし、相手から現金をだまし取ろうとした訴訟詐欺の疑いで逮捕された。杉山は「参りました」と容疑を認め、2003年4月17日、東京地裁で懲役7年6ヶ月(求刑懲役8年)の実刑判決が出された。

メディアへの露出とその影響

1983年のインタビューでは、ミッキー安川や須田哲夫が「お札を見たら死んだ人の顔が浮かびませんか?」と杉山に詰め寄り、杉山が「金が欲しいのか!? 金が欲しいんだろう!」と叫びながらステッキで札束を叩く、物や一万円札を投げつけるという、パフォーマンスに近いバトルを幾度も繰り広げた。

このやり取りは打ち合わせでの演出、とミッキー安川はルポライターとのやり取りで明かしている。杉山と結託したマスコミ各社(前述の須田を含む)は、サラ金関係者を面白おかしく取り上げたことにより、その被害を広げる結果となった。

引用元

決して同情できる人生ではありませんが、幼少期の苦労があった故に、ここまでお金に走る人間になってしまったのか・・・考えさせられますね。

1