1. まとめトップ
  2. 雑学

3歳を過ぎても遅くない!人生に一度来る、子供の能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」という期間

子育てで良く注目される「3歳まで」の時期。しかし、その時期が終わったからと言って、子供の成長や吸収力が落ちる訳ではありません。スポーツなどの能力向上にも注目される、「ゴールデンエイジ」と言われる期間をまとめてみました。

更新日: 2013年12月13日

1202 お気に入り 149066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dreamflowさん

育児における「ゴールデンエイジ (Golden Age)」とは?

9歳頃から第2次性徴で一時的にホルモンバランスが崩れる時期までの間は、「巧みな動き」「すばしっこさ」といった能力を身につけるのに最も適した時期(ゴールデンエイジ)となります。

この時期は一生に一度だけ訪れる、あらゆる物事を短時間で覚えることのできる「即座の習得」を備えた時期

細かい技術よりも身体全身を使って、体感することが大事

動きを頭で理解して体に伝えるのではなく、見たまま感じたままのイメージに従って体全体で技術を吸収していく特別な時期

身体全身、五感全体を刺激をすることがとても大事です。

一度やっただけで習得できる、見ただけでマスターできる、そんな奇跡が起きやすい特別な時期。

「あれ?こんなことこの前出来たっけ?」そのくらい、見ていないあっという間にドンドン新しいことを吸収する、まさに大人の常識を超えた吸収力を見せる時期と言えます。

この時期に習得したことは、一生忘れない

「ゴールデンエイジ」と呼ばれるこの時期には、プロが見せるような高度なテクニックも身につけることが可能です。一度習得した技術は大人になってからもずっと身についています。

この時期に正しい動きを脳に覚えこませることができたら、それは一生ものなのです。

まだ、焦ってはいけません・・・

だからといってゴールデンエイジ9歳~12歳頃に
突然スポーツをさせれば良いというわけではありません。

この時期は筋肉が未発達なため、強さや速さに対する体の準備はできていません。

では、この時期に何をすれば良いの???

一緒に遊ぶこと。遊びの中で色々な動きを学び、神経回路を刺激しておくこと。これが後に運動の「できる子」になるか「できない子」になるかの差になります。

大事なのは、「遊び」の中にも「真剣さ」「厳しさ」を垣間見せてあげることが必要なのです。

楽しさの中にも、「メリハリ」が重要です。

この時期に最大の成長を促すためには事前の「準備」も大事

9歳頃までの時期(プレ・ゴールデンエイジ)には様々な運動を経験することで神経を刺激し、神経回路を開いておくことが大切

1





このまとめへのコメント7

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1