1. まとめトップ

コンサドーレ札幌と切っても切り離せない「お金」の問題

Jリーグには財政に苦しむクラブが多々あります。私が応援するJ2コンサドーレ札幌もまたそんなクラブの1つです。長年コンサドーレとファンを悩まさせている「お金」の問題をまとめてみたいと思います。ちなみにこのまとめはコンサドーレ札幌のAdvent Calendar用に作成しました。

更新日: 2013年12月14日

2 お気に入り 19877 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

anpeppeさん

財政に苦しむチームの多い日本のJリーグ

ましてや、クラブライセンス制度が施行されてからは場合によってはJFLや地域リーグに降格することもありうる状況。

そんな財政に苦しむクラブの1つが私の地元のクラブコンサドーレ札幌です

Jリーグのアジア戦略の担い手として今期ベトナムの英雄レコンビンが加入。リーグ戦初先発の試合で初ゴール、初脱ぎ、初イエロー、初レッドと千両役者っぷりを発揮してくれました。その影響力は大きく安倍首相がベトナムとの首脳会談でコンサドーレの名前を出したりNHKで特集が組まれたりもしました。

この日の動員は24813人。なんと今期のJ2の最多観客動員となりました。ガンバ大阪、ヴィッセル神戸などがいた今期のJ2においてこの記録は賞賛されるべきものだと思います。レコンビンのFKがバーを叩いた際には松木さんばりにゴールずらしたいと思いました。

長年債務超過に苦しめられている

コンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブ(HFC)の、2012年12月31日を末尾とする第17期の決算が発表されました。売上高は13億4,694万円、営業損失は1億1,990万円、経常損失は3,414万円、純損失は3,770万円でした。

純損失3,770万円の計上により、債務超過は3,740万円。2012年度中には1億円を目標とした増資も行なわれましたが、調達資金はクラブ側の未達により目標に届かず。

リーグのクラブライセンス制度によれば、2012年度決算より3年連続で純損失を計上した場合、あるいは2014年度決算以降に債務超過となった場合、財務基準のA等級をクリア出来ません。HFCはその1年目でいきなり赤点をもらいました。

今後は債務超過云々がクラブ存続に関わる問題となってきます。

何故こんなに財政面で苦しめられるのか?

農業や観光業にこそ強さを発揮する北海道ですが、輸送における不利は否めず、製造業の弱さが度々指摘されます。道内経済自体が長年不況に苦しんでおり、道内企業でスポーツにお金を多く出せる企業は限られているかと思います。

過去札幌がJ1昇格を果たした際、ほぼ全てのケースにおいて優秀な外国人助っ人の存在がありました。しかし昔はレンタル移籍での在籍が多く根本的なチームの強化には繋がりませんでした。最も印象的なのは2003年シーズンでしょうか。ジョアン・カルロスを招聘しベット、ホベルッチという元セレソンの二人を獲得するも低迷。助っ人頼みの酷いサッカーに終始しこれから訪れる冬の時代を予感させました。

J2では屈指の集客力を誇る札幌ですが入場料収入において苦戦を強いられています。それはなぜかというとスタジアムの使用料がバカ高いため。しかし札幌市の条例で使用料が定められているためおいそれとは安くはならなさそう。同じく第三セクターが管理者を務めていた横浜スタジアムの使用料が安くなったという事例もあるので今後ねばり強く取り組んでいかなくてはいけない問題ではあります。

野々村氏は、コンサドレーレ札幌の年間予算は11億円だとし、選手やコーチの報酬などの強化費には3億円をかけていると語り、「同じ11億円の規模にはJ1のヴォンフォーレ甲府があるが、甲府は強化費に6億円を使っている。

これだけ出せるのは試合会場の使用料が安いためだ。甲府のグランド使用料は1回17万円だと聞いている」としたうえで、「札幌ドームは1回に800万円もかかるし、厚別も300万円。ドームの施設は立派で日本一だということは理解しているが、定価の800万円で借りられほどの財政力はHFCにはない」と訴えた。

しかし、今期は光も見えたシーズンであった

J2札幌は24日、住友商事メディア事業本部とスポンサー契約に合意したと発表した。期間は来年1月31日まで。東南アジアを中心にメディア事業を手掛ける同社が、ベトナムなどへの業務展開を進める札幌を支援する。

シーズン終了間際でのスポンサー契約は異例。広告は札幌ドームで
今季行われるホームの残り3試合で掲出される。来季以降の契約についても
今後、協議することになっている。

今後アジア戦略をいかに継続するかにもよりますがこのような形でスポンサーを獲得できたというのは今後のクラブの財産になりうるかと思います。しかしレコンビンとの契約が延長できなければ雲散霧消と化してしまう可能性もあるだけに今後の動きに注目してみたいです。

1 2