1. まとめトップ

意味が分かると怖い話コピペ集【解説付き】

意味が分かると怖い話のコピペ集です。

更新日: 2019年04月04日

197 お気に入り 10047030 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sinamaruさん

運ぶ

昨日は海に足を運んだ
今日は山に足を運んだ
明日はどこへ行こうかと
俺は頭を抱えた











解説
昨日は海に(片)足を運んだ
今日は山に(片)足を運んだ
明日はどこへ行こうかと
俺は(自分のではない)頭を抱えた

有名なたこ焼き屋

有名なたこ焼き屋があるというので行ってみることにした。
三浦半島にあるそのお店に行ってみると、小汚いし客もそんなに居ないようだ。
隠れた名店だと考えることにして、たこ焼きを1パック注文した。

しかし、食べてみると肝心の蛸が入ってない。
たこっぽいものはあるのだが食感が違う。俺はおやじに問い詰めた。

「おやじ!大きい蛸入りたこ焼きと銘打っといて
まったく蛸がはいってないじゃないか!どうしてくれるんだ!」

「お客様、それは大きな誤解です」










解説
「お客様、それは大きな誤解です」

「お客様、それは大きなゴカイです」

ゴカイとは釣りエサのミミズに似た虫のことである。

写真

ある中学校に仲良し5人組の女生徒がいた。
5人は休み時間もお昼休みも、帰宅後もいつも一緒に遊んでいた。
皆で友情を誓い合ったりもした。

しかし、いつもリーダーシップを取っている生徒が自己中だとか自分勝手だと
他の4人に陰口を叩かれるようになった。
しだいにそれはエスカレートしていき、彼女を自殺に追い込んだ。

4人もそんなことになるとは思っておらず、動揺しだした。
暗い気持ちになったのか、一人の生徒が、
今度の休みに4人でどこか静かなところでも行こうよと言い出した。誰も反対はしなかった。

4人は山に出かけた。周囲には人が全くいない、壮大な景色だけが広がっていた。
4人は来る途中のコンビニで買ったインスタントカメラで写真を思い出として残した。

数日後、1人の生徒が現像した写真を持ってやって来た。
よく取れている写真に4人は和気あいあいと盛り上がっていた。
1人の生徒が「この写真よく撮れてるね」と1枚の写真を手に取った。
そこには山の景色をバックに4人が楽しそうに笑っている写真があった。










解説
インスタントカメラにセルフタイマーなんてついているだろうか?
では、4人が写っている写真を撮ったのは、、、?

親切な医者

脳死が確認されて二週間を経過した彼の皮膚細胞は、
無数のチューブに繋がれ、
人工呼吸器と点滴によって生き続けていた。

しかしそれも、昨日までの話。
彼は死んでしまった。
「すみません。手は尽くしたのですが…」
お医者さんはとても悲しそうな顔で告げた。

彼の亡きがらを抱いた時、とても軽くて、
苦しかったんだと思う。

でも、もう苦しまなくていいんだよ?楽になれたね。
「………治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察してか、
なんて優しいお医者さんなのだろう。
私はすぐに泣いた。

「……遺体を見るのは辛いでしょう」
お医者さんがシーツを被せる。
「……思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」

この一言で私は立ち直れた。
ありがとうございます。お医者様。










解説
とても軽くなっていた遺体。
この医者は彼の臓器を売買していた。
だから医療費も取らず、早く火葬するのを勧めた。

ロープ

友人とキャンプに行ったんだ。
遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が。


下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ。
スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!


幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた。


悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた。


俺「死ぬかと思った」

友人「大丈夫だったか?ホント、ロープ位修理して欲しいよな」









解説
踏み板が外れて落下したのに、この友人はなぜロープが切れたと思っているのか・・・?

ビビり

怖いから部屋から風呂まで全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/
だるまさんが転んだは平気だったむしろ風呂でて部屋の電気つけるとき掛けてた靴が落ちた時のほうがビビったw








解説
お風呂入る前に家中の電気は全部付けたはず・・?

遊園地

小学校に入る前の娘と遊園地に行った
入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた
まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった

ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、
しかしどうにも娘はそわそわして楽しんでいる様子がない
俺はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄目だぞ、と言うと
やたら暗い顔になる まだ遊園地は早かったのかもしれない

仕方ないから帰ることにした
そして娘はその日自殺した
俺は今でも自分を許せない









解説
字が読めるようになったばかりの娘。
だとすると漢字は読める・・・?

ブルーレット置くだけ

トイレが汚いので「ブルーレットおくだけ」を設置してそのまま寝た。
次の日起きてトイレで小便した後に流したら青色の水がワァーーーって便器の中に流れていってとっても綺麗になった。
良い匂いもするし、やっぱ買って正解だったな。










解説
設置した"だけ"
2回目に流す時からしか青色の水は流れない。
となると、寝ている間に誰かが・・?

和式トイレ

公衆便所に入った。和式だった。
和式は嫌いだ。でも仕方ないのでしゃがんでみると、
目の前に落書きがあって【右ヲ、ミロ!!!】と指示された。
なんだコレ?と思って右の壁を見ると【左ヲ、ミロ!!!】とあって、
私はずいぶん命令口調だなぁ・・・・などと思いながらも
その通りに左を見てやると今度は
【上ヲ、ミロ!!!】というので
おそるおそる天上を見るとそこには物凄く大きな赤い文字で
【ウシロヲミルナ!!!】と書かれてあってドキッ!としました。
怖かったのですが、ゆっくりとウシロに振り返ってみると・・・・・
特に何も書かれてなくて安心しました。









解説
正面に「右を見ろ」と書かれてあって、
右を見たら、「左を見ろ」と書かれてあった。
 命令どおり左を見たら、前書かれていた「右を見ろ」のはずが
「上を見ろ」に変わっている。

エレベーター

14階に住んでいるためエレベーターは必須。
夜中に帰宅した時、エレベーターに乗り14階のボタンを押しました。
ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯しました。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
そう思った直後、慌てて2階3階4階5階とボタンを連打。
3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける
勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降り、朝までコンビニで立ち読みしていました。









解説
時間は夜中。
中のボタンは、エレベーターの内部に乗ってる人しか押せないはず。

イヤホン

今日9800円で買ったイヤホンが壊れた。
大音量で聞いていたせいかいきなり途切れやがった。
くそ。9800円もしたのに。

腹が立って45万円のプラズマテレビを叩きつけた
ハッと我に返りあわてて壊れていないか確認した。
画面が映る。良かった。と思ったら音が出ない
くそ。
45万円のプラズマテレビも壊れてしまった

それにしても今日は静かだな
気晴らしに散歩にでも行こう。









解説
いきなり耳が聞こえなくなっていて、それに本人が気付いていない。

自殺

女の子は学校で毎日ひどいイジメにあっていた。

同じクラスの女子生徒に人目につかない所に連れて行かれ
周囲にわからないようにイジメられていた。

ある日その女の子は学校のトイレで自殺した。
自分で両手両足を切断して死んでいた。
死因は出血多量のようだ。
近くには彼女が書いたものと思われる遺書が残されていた。

「先立つ不幸お許しください。
私はイジメられていましたが
私の自殺とそれは一切関係ありません。」









解説
自分で両手は切断できない。
ということは、本人以外の者が切断した。

落石事故

ある家族が妻の実家に遊びに行くために
田舎までのバスに乗っていた。
山のふもとあたりまできたときに、
子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、
しょうがなく途中のバス停で降りて
近くの定食屋で食事をすることにした。

食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、
さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で
乗員全員死亡というニュースが流れていた。

そのニュースを見た妻は、
「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。

それを聞いた夫は、
「何を馬鹿なことを言っているんだ!」
と怒鳴ったが、 すぐに
「あぁ、なるほど。確かに降りなければよかった…」
と妻の意図に気づく。









解説
この家族が降りなければ、そのバスは落石事故に巻き込まれなかったかもしれない。

ゲーム

老人が男に言った
「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、
男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが
まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのに
リスクは無なさそうだったからだ

参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」

男は笑顔で5万円を差し出した
ゲームが開始した

スタート時から賞金は男の目の前にあった









解説
箱の中に多額の賞金
見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱の周りに斧などがある

→目の前に賞金があると言うことは、男は箱の中にいるということ。
頑丈で斧などでしか壊せないということは、男は一生箱の中から出ることができない。

1 2