1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

カフェインが最大筋力を高める科学的根拠


 今から100年前、イギリスのロンドンである実験が行われました。



 被験者は人差し指で重りが付いた紐を引っ張ります。時間が経過すると徐々に疲労がたまり、人差し指が伸びていってしまいます。この指が伸びてしまう度合いを筋疲労として計測するのがエルゴグラムです。

f:id:takumasa39:20180208140020j:plain

カフェインが「海馬」に及ぼす効果を理解することを目的として行われた。海馬は、短期と長期の両方の記憶力が必要な「パターンの違いの区別」をつかさどる脳の部位。

 ヤッサ助教は「違いが分かりにくい画像が含まれない標準的な認識記憶課題を用いると、カフェインの効果は全く検出されないだろう」と指摘。「だが、これらの良く似た画像の使用は、さらに難しい『パターン分離』と呼ばれる区別を行うことを脳に要求する。今回の実験でカフェインによって促進されたプロセスは、このパターン分離と思われる」

 今回の研究は、脳細胞の健康に関する研究に役立つかもしれない。

 ヤッサ助教は「カフェインは健康な長寿と関連性があり、アルツハイマー病などの認知症に対する予防効果を持つかもしれない」と述べている。

ドリップコーヒーを1杯以上飲んでいた人は飲んでいない人に比べ、
1年後のALT値が正常値を維持していたり低下したりした人が多かった。
量を飲めば飲むほど、効果が上がっていた。

 理由は不明だが、缶コーヒーやインスタントコーヒー、カフェインが入っていない
コーヒーを飲んでいた人では効果があまりなかった。

 研究チームの佐々木八千代准教授(老年看護学)は「肝炎は10~20年で肝硬変に移行するとされており、
さらに長期的な調査をしたい」と話した。これまでに、同じチームの大藤さとこ講師(公衆衛生学)が
コーヒーに肝がんの発生を抑える効果があるとの研究成果を発表していた。〔共同〕

コーヒーには人を元気にする特性があることは、少なくとも16世紀には知られていました。その頃、イエメンのスーフィー教徒が、祈りの間に眠らずいるためにコーヒーを飲み始めたのです。17世紀始めに急速にヨーロッパに広まったコーヒーは、医薬品としての価値をもつようになりました。

カフェインは、19世紀初めに若いドイツ人医師フェルディナント・ルンゲによって抽出されました。ルンゲはこの物質に、中枢神経系を刺激する働きや、注意力や心地よい気分を維持させる傾向があることを突き止めました。

自然に生成されるコーヒー中のカフェインは、空腹感を減らします。たった1杯のコーヒーが、偏頭痛の徴候を和らげてくれるとする研究もあります。最近の研究では古い神話の誤りを明らかにしました。適量であれば、コーヒーは、実際は眠りや正常な心臓の活動を妨げることはないのです。そして、コーヒー中のカフェインに、アルツハイマー病やパーキンソン病の発生を抑制する効果があるかも知れないという、有望な研究結果も新たに発表されています。コーヒーは、フリーラジカルを除去するのに大きな威力を発揮する強力な抗酸化物質の、重要な摂取源です。

1