1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yunishioさん

※ [追記] まとめタイトルを変更しました。
旧「辻こうじ越谷市議の特定秘密保護法に反対するツイートに対し、市議会が「反省を求める」決議」
新「特定秘密保護法の慎重審議を求めた辻こうじ市議のツイートに、越谷市議会が「反省を求める」決議」。

【事件概要】

● 11月26日、衆議院で特定秘密保護法が強行採決、審議は参議院へ

● 12月2日、民主党・市民ネットワーク、慎重審議を求める意見書を越谷市議会に提出
● 議会運営委員会の自民・公明の委員、「緊急性なし」と反対
● 辻こうじ市議、「なぜ緊急性がないと考えるのか」
● 自民・公明の委員、(辻市議いわく)緊急性なしを説明できず
● 委員会、全会一致を見られなかったとして提出を了承せず

● 3日(4日?)、辻こうじ市議、「不当な反対で提案を阻止された」とツイート
● 5日、自民・公明の委員、「不当」「阻止」は不適切ではと指摘

● 11日、自民・公明の市議団、辻こうじ市議に「反省を求める」決議案を提出
● 12日深夜1時すぎ、紛糾の末、「反省を求める」決議案可決

埼玉県越谷市議会は十二日、辻浩司市議(38)=民主党・市民ネットワーク=に「反省を求める決議」案を賛成多数で可決した。辻氏は、特定秘密保護法案の慎重審議を求める意見書案を市議会に提出しようとしたが、「自民、公明の不当な反対で阻止された」と、短文投稿サイト「ツイッター」に投稿。激怒した自公両会派が「反省」を要求した。自公の対応に市民からは批判の声も上がった。

■ 辻こうじ市議のツイート

越谷市議会では、自民・公明の不当な反対で、意見書の提案そのものを阻止されました。 特定秘密保護法案について、小金井市議会から慎重審議を求める意見書が出ました! katayamakaoru.net/?p=2130 @katayamakaoruさんから

※ 東京新聞の報道では「辻氏が三日にツイッターで自公の対応を「不当だ」と批判したため」とあるが、同日に該当するツイートは見あたらなかった。上記のツイートを指すか。

私の会派が「特定秘密保護法の強行採決に抗議し、慎重な国会審議を求める意見書」を緊急提案したことについて「緊急性がない」との理由で自民党市民クラブ、公明党越谷市議団が議会運営委員会で反対をし提案できなかったことについて「不当な反対で阻止された」と私がツイートした件。

②今日の議会運営委員会で公明の委員がこのツイートを問題だとする発言をし、自民の委員が賛意を示した。私は「不当と感じるのは私の見解であり、それを表明したことに何ら問題はない」と反論。会派代表者会議で取り扱うことになった。多様な意見の表明すら問題とする市議会の現状だ。

特定秘密保護法がこれだけ広範な層の反対運動を巻き起こしているのは、国民が物が言えない暗黒社会に日本社会が突き進もうとしていることへの警戒感からだ。「私はあなたの意見に反対だ。しかしあなたが発言をする権利は私は最大限尊重する」。これが民主主義社会の基本原則ではないのか。

@ibukigou 異なる民意の集合体が議会である以上、異なる意見を表明しあうのは当たり前のこと。その表明をする権利を否定しようとする動きが今の市議会にはあります。断固として闘います。

特定秘密保護法関係の私のツイートの件は、今日のお昼の会派代表者会議にかけられることになった。この件の他に、市議5人が市内中学校を視察したことが問題だ、とするある議員からの提案について。何が問題なのか意味がわからないが、問題にしたいようだ。

国会では秘密保護法案成立。越谷市議会では私のツイートが代表者会議で問題とされたが、紛糾の末、一致した結論はなく協議は終了。今後は私の責任を問う個別の動きがあるかもしれない。私は全ての事実を公表し、自分の立場を表明するだけのことだ。

何が問題?特定秘密保護法意見書についてのツイッター発言をめぐって kozichu.blog87.fc2.com/blog-entry-283…

私が、2会派の提案への反対を「不当」と表現したのにはそれなりの理由があります。

越谷市議会では、議員が議案を提案する際には、議会開会の1週間前の告示日までにその案文を議会運営委員会で示すことが申し合わせ事項で定められています。もし告示日以降に緊急提案をしたい場合は、その内容に緊急性があるかどうかを議会運営委員会で協議をすることになっています。今回の意見書は、告示日の翌日の11月26日に行われた衆議院本会議での強行採決に抗議し、その後の参議院での慎重審議を求める内容であるので、当然、緊急性の要件は満たしているはずです。

にもかかわらず、自民・公明の2会派は、議会運営委員会で「緊急性がない」と反対をしました。私を含めて複数の委員が「なぜ緊急性がないと考えるのか」と繰り返し質問しましたが、納得のいく説明はありませんでした。

特定秘密保護法について、会派間で見解が分かれるのは仕方のないことです。意見書が本会議に正式に提案をされたときに、反対をした会派があったとしても私は不当だとは思いません。しかし、明らかに提出要件を満たしているのに、その提出すら認めないというのは、単なる見解の相違を超えて、不当ではないかと思うのです。

自民党籍の議員で構成するもう一つの会派である保守無所属の会は、「自分たちは秘密保護法には賛成だが、緊急提案の要件は満たしてると考える」と提案そのものには賛成をしています。手続き的な意味と議案の内容への賛否は分けて考えるべきと判断をしてくださったのだと思います。

私に対する問責決議案かそれに類する議員提出議案が準備されているという確度の高い情報が入ってきている。明日11日か18日が可能性が高い。時間はわからないし、出されない可能性もある。市民の皆さんには、越谷市議会で起きていることを見届けてもらいたい。10時開会。ネット中継でも見られる。

私のツイッター問題について今までにないたくさんの応援のメッセージをいただいています。今回の一件は、表面的には私の表現の問題ですが、やはり特定秘密保護法に象徴される強権政治の臭いを重ねて考える方が多いのだと思います。一つ一つにお返事をしお礼を述べたいところですがご容赦ください。

■「反省を求める決議案」提出から可決まで

ただいま議会休憩中。辻浩司議員に反省を求める決議が、自民党市民クラブ、公明党越谷市議団所属の議員から提出されました。まもなく会議再開。傍聴席はほぼ満席。審議は午後にもかかるでしょう。

反省を求める決議に対し、新政クラブ樫村議員が取り下げ動議を提出。議長裁定で却下されたが、間髪入れず玉生議員が、「議会の先例と違う」と議事進行をかけた。取り扱いは、午後の議会運営委員会で協議される。議会運営委員会開会は13時だろう。議運はネット中継をしていない。

@yukoyamada12 議案と利害関係がある議員は、除席(退席)するルールとなっています。

議会運営委員会は傍聴者が20~30人で、狭い第5委員会室が満員。前代未聞の光景。

樫村議員の議案取り下げ動議をめぐり議会運営委員会が紛糾し、調整中。傍聴者の控室に行き、経過を説明。「私たちは議席数では負けているが傍聴者の熱気で押し返しているのでもうしばらく付き合ってほしい」と要請。「皆で地元議員に話に行くか」との声があがる。完全にがプレーヤーになっている。

サッカーでは、サポーターが12番目のプレーヤーと称されるが、今日の越谷市議会では、傍聴者の市民が、傍聴者の枠を超えてプレーヤーとなっている。廊下で議員にあれこれ話しかけている市民の姿を散見する。

私は、当事者のため、本会議には出られず、中継を見ている。

1 2