1. まとめトップ

秘書代行や電話秘書と呼ばれるサービスは、利用者にとっては非常に便利なサービスといえます。
自社の電話対応を、優れた電話応対スキルをもつオペレーターが対応してくれ、コスト面でも人員を採用するよりは格段に低く抑えられます。
業種を問わず、SOHOでビジネスを営まれる方や中小零細企業には多く利用されており、サービスの認知度も昨今は高まってきたようです。
では、幾多もある秘書代行業者から、何を基準に選んでいけばいいのでしょうか。

ちなみに、筆者である私はこの秘書代行というサービスを提供する会社に勤めていましたので、業界の事はかなり知り尽くしているつもりです。(良い面も悪い面も)
同業者を厳しく見ていた私の目と、実際の利用者の声から、この業者は安心して利用をお勧め出来るというのが下記になります。

同業者であった私から見ても、応対品質やオペレーターの教育がしかっりしていると感じましたし、システム面やノウハウもしかっりとしていました。保証は出来ませんが、一度、問い合わせをしてみて下さい。

◇歴史もあり、秘書代行サービスを専門に提供している会社。

◇秘書代行や電話秘書の絶対に知っておきたいポイント。

ここで説明するポイントは注意点になります。
冒頭でも言いましたが、秘書代行業者というのは幾多も存在します。となれば、当然、良くない業者とまではいえませんが、あまりお勧め出来ない業者も存在します。
『自身の会社の窓口やお客様対応』を依頼する訳ですから、会社のイメージに直結しますし、売上や業績をも左右するといっても過言ではありません。
以下の点に注意して秘書代行業者を選んでみて下さい。

ポイント①秘書代行サービスを専門に運営している業者を選ぶ。

実は、秘書代行業者の業態も様々と存在します。
レンタルオフィスや貸し会議室の運営事業者、各種オフィスサービスを運営している事業者、また、水道修理などのメンテナンス事業者などが、既にある自社の受付体制を活用するために、秘書代行サービスを提供する場合があります。ただ、個人的にはお勧め出来ません。
サブ事業として運営されていればそれなりに弊害が・・・、やはり餅は餅屋で・・・といったところでしょうか。

ポイント②激安!格安!の価格設定は絶対に避ける。

恐らく、この情報を見ている方はビジネスに関わる方が多いと思うので、当たり前と言われると思いますが、『安くて良いものは存在しません。』
企業努力はどこもやっていますので、【安かろう、悪かろう】が当たり前なのです。マイルドにいえばそれなりのサービス、となりますが。なので、ただ単に電話に出てくれればそれでいい、業者の都合で電話を取れないならそれも仕方ない、という考えの方には参考にならないかと思います。
ちなみに秘書代行業界において、極端に低価格を謳っているケースは

・電話のとり漏れが多い。(小人数で対応しているから。)
・電話応対品質が良くない。(オペレーターの負担が大きく余裕がないから。)
・在宅の主婦などがお小遣い稼ぎに対応。(確かに人件費は安くつきます。)
・低価格を謳うしか特徴がない。(価格競争に入っていくしか・・・)

これが実情です。

『自身の会社の窓口やお客様対応』を依頼する訳ですから、慎重に業者選択をお勧めします。

1





kouGtanさん

このまとめに参加する