1. まとめトップ

【注目の成分】美容療法でも使われている『グロスファクター』の力とは

グロスファクターと呼ばれている「細胞再生因子」をご存知ですか?美しく潤う肌を保つのにとっても大切なものなんです。

更新日: 2013年12月13日

30 お気に入り 15384 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

natural3015さん

グロスファクターとは?

グロースファクターは一般に「細胞再生因子」とも呼ばれます。分かりやすく言うと、人が本来持っている肌の再生能力を引き上げているのがグロースファクターと呼ばれる細胞です。
このグロスファクターは18~20歳で急激に減少していきます。
大人になると肌の衰えを感じてくるのはこのグロースファクターが減少している為なのです。
このグロスファクターに注目した化粧品などもあり、美容には欠かせないキーワードになってきています。

http://www.aqua-egf.com/abierta_products_perfect.html

新陳代謝が無ければ人間は生まれた時から老いていく一方になってしまうのですが、この新陳代謝を行ってくれている源と言うのはグロースファクター(EGF)があるからと言っても過言ではありません。

出典http://グロースファクター.jp/growthfactor/

GF(グロスファクター/成長因子)とは、100程度のアミノ酸で構成されたタンパク質の一種で体内で細胞の増殖や分化に極めて重要な働きをします。

グロースファクターは人の体内で作られるタンパク質の一種で、細胞の分裂・増殖をコントロールしています。年齢とともに減少していくグロースファクターを浸透させ、肌の細胞に働きかけることでコラーゲンを増殖させ、肌に若々しいハリとツヤをもたらします。

◯EGF

グロスファクターと呼ばれる肌の再生因子の中で、一般に「細胞再生因子」と呼ばれているのがEGFです。

日本での正式名称は「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」とも呼ばれます。

http://www.egf-style.com/egf/

『 人間が本来持っている肌細胞の再生能力を引き上げる。』という効能こそEGFが持つ効果といえます。

EGFは誰の体内でも生み出されている、53個のアミノ酸で構成された皮膚の負傷を癒すたんぱく質の一種。
コラーゲンとエラスチンを結びつけている繊維芽細胞と表皮細胞の増殖を急がせ、細胞分裂を促進します。
その結果、短期間に肌の弾力の回復、潤いの回復が見込めます。

発見当時は、それほど多くのEGFを抽出することが出来なかった為、誰もが知る一般的な成分ではなく、ごく限られた機関でだけで、利用されていました。

2005年秋には、厚生労働省より化粧品使用の認可がおり、EGF成分を配合したスキンケア製品が誕生し、正式に全成分表示「ヒトオリゴペプチド-1」として登録されました。

◯FGF

FGFはフィブロブラスト・グロースファクターはフィブロブラスト=(線維芽細胞)の増殖因子のことです。

実際に皮膚に存在する成長因子であり、特に 皮膚損傷の回復に関係が深い成分 です。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~sysoap/p-ing-fgf.html

真皮細胞、繊維芽細胞、神経細胞、内皮細胞などの成長を促すと同時にコラーゲン・エラスチンの生成を促進し、特に「シワの回復」に大きな力を発揮します。

FGFは、EGFと一緒に使用することで相乗効果をもたらすことができる特長があります。
この為、スキンケア化粧品に配合され、EGFと同様に年齢を重ねた肌に必要な潤いを与えるエイジングケアを目的として注目されています。

上皮成長因子のEGFは、その名の通り表皮においてその素晴らしい働きをしますが、FGFは表皮の下にある「真皮」にまで浸透し、線維芽細胞(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸生成細胞)にはたらきかけ、成長と増殖を強力に促進します。線維芽細胞が活性化すれば、真皮はコラーゲンが豊富な状態を維持でき、ハリ・弾力・透明感・潤いを保った若々しいお肌を作り上げます。

◯IGF

IGFは、表示名称はヒトオリゴペプチド-21 といいます。

成長ホルモンの機能に似た因子です。
老化により損傷した骨,筋肉,神経組織を再形成し破損した細胞を再生します。

http://kandou.biz/growth-fac/

破損している細胞の再生を強力にサポートします。
新しい皮膚を再生し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やします。
それによって、シワの予防や解消、肌のハリなどに効果を発揮します。

皮膚内で出る老廃物(老化物質)を体外に押し出す排出(廃棄)作用を促します。

1