1. まとめトップ

2013年ふたご座流星群を見よう! #ふたご座流星群 #Comet

狙い目は明るい月の沈む午前3時以降です!観察のポイントから撮影のコツまで!!

更新日: 2013年12月14日

0 お気に入り 1763 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amnesiさん

ふたご座流星群が14日、いよいよ極大を迎えます!

毎年12月14日ごろに見られるふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群のひとつだ。小惑星ファエトンの通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていたちりが地球の大気にとびこんで、上空100km前後で発光して見える。

今年の活動のピークは14日14時ごろと予想されているので、13日から14日にかけて、14日から15日にかけての二夜が見ごろだ。流れ星の中心となるふたご座は、木星をともなって宵のころに現れる。未明まで月明かりがあり条件はあまりよくないが、その反対の方向を中心に、空を広く見わたしてみよう。防寒の準備を万全に。

概要

三大流星群のひとつです。毎年ほぼ一定して、多くの流星が見られるという点では、年間最大の流星群と言えるでしょう。条件の良いときに熟練の観測者が観測すると、1時間に100個程度の流星を数えることは珍しくありません。

極大期における一時間当たりの流星数

極大期において、熟練者が夜空の暗い場所で観測したときに、一時間あたりに見られるおよその予想流星数は80個。街明かりの中や、極大期ではない場合には、数分の1以下となります。

活動時期・極大

ふたご座流星群の一般的な出現時期は、12月5日~12月20日頃で、極大は12月14日頃です。12月中旬に入ると数が増加しますが、極大を過ぎると急に流星数が減る傾向にあります。

お天気も太平洋側では良さそう!

太平洋側ほど星空指数高め

気になる天気ですが、この土日は冬型の気圧配置が続き、強い寒気が居座ります。北海道や本州の日本海側は雪雲に覆われてしまうでしょう。太平洋側は晴れる所が多く、星空指数は高めです。
ただ、晴れ間の広がる太平洋側も夜は厳しい冷え込みになります。土曜日の朝の最低気温は東京は4度、名古屋や京都は1度、大阪は3度。今季一番の冷え込みとなった今朝と同じかそれより強い冷え込みになるでしょう。全国のアメダス地点の6割から7割で氷点下の冷え込みとなりそうです。観察する際は厚手の上着や手袋、マフラーなど、万全な寒さ対策をなさって下さい。暖かい飲み物なども用意すると良いかもしれませんね。

ウェザーニューズでは恒例のネット中継があります

ニコニコ動画でも生放送で配信アリ!

流れ星は電波でも観測されています

観察のポイント!

1.空が開けていて、街灯などの灯りが少ない場所を選ぶ

流れ星は空のどこにでも流れる可能性があります。
ふたご座の名前がついていますが、
ふたご座だけに流れるわけではありません。

なるべく空が開けていて灯りに邪魔されない場所を選びましょう。
また、事故に遭わないよう安全な場所で、周りにも気をつけましょう。

2.防寒対策をしっかり!!

月が沈んで見頃になる3時以降はかなり冷え込みます。
上下とも暖かいものを着てください。

首周りにはマフラーやネックウォーマー、
耳にはイヤーマフ、頭にはニット帽、
足には靴用のホッカイロがあるとベストです。

また暖かい飲み物を用意しましょう。

3.流れ星をうまく見るコツ

まず姿勢は寝っ転がるのがベストです。
しかし地面は冷えるのでレジャーシートの上にウレタンシートを乗せ
さらにキャンプ用の寝袋を用意するとベター。
また、後ろへ倒せるリクライニングチェアでも良いです。

人間の目は暗いところに慣れるまで10~15分かかります。
じっくりと目を慣らしてください。

ここで明るいものを見てしまうとあっという間に逆戻りなので
スマホの画面は暗めに設定する、街灯は目に入らないようにする、
懐中電灯は影響の少ない赤色のものにするなど対策してください。

4.望遠鏡や双眼鏡はいらない

流れ星は空のどこを流れるか分かりませんし
あっという間に流れていってしまうので
空の狭い範囲しか見られない双眼鏡や望遠鏡は必要ないです。

見やすい体勢で空を広く眺めましょう。

流れ星を写真に撮りたい!

一眼レフカメラやミラーレスカメラ、
一部高性能コンパクトデジタルカメラで撮影できます。
残念ながらスマートフォンでの撮影はほぼ不可能です。

空の明るさにもよりますが、ISO感度は高め(800~1600)に設定し
露出はオーバーにならないよう試し撮りして決めてください。
流れ星は一瞬の光なので、低感度では写りにくいです。

長い時間の露出が必要なので三脚は必須です。
三脚がない場合はテーブルや椅子、車のボードなどに乗せるのも手です。

普通にシャッターを押してしまうとブレてしまうので
リモコンシャッターを使うか、タイマーで撮影しましょう。

コンパクトデジタルカメラの場合、星空モードがある機種、
マニュアル設定ができる機種なら撮影が可能です。

可能ならインターバル撮影でカメラ任せにして
眺めるのに専念するのがいいでしょう。

パソコンで撮影した画像をチェックするときは
飛行機の航跡、人工衛星など紛らわしいものもあるので
流れ星かどうか、画像検索して見比べてみるのが吉です。

ミラーレスカメラでの撮影例

コンパクトデジタルカメラでの撮影例

流星の写真いろいろ

今夜、ふたご座流星群の見頃です。夜が更けるほど多くなり明日早朝3時〜5時半には空の暗いところで1時間あたり数十個見えそうです。写真は昨年、90分の間に流れた流れ星を重ねたものです。 pic.twitter.com/krRTfgPZX5

Twitterでも撮影画像が出てきています

1 2