1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

秘密の通路や扉にワクワク!RPGのような冒険ができる世界遺産のレガレイラ

変わり者のお金持ちとオペラ舞台の設計士によって大改造された摩訶不思議な建築物です。広大な敷地には井戸や洞窟、宮殿などが点在しており、それらが秘密の地下道や回転扉などの秘密の仕掛けによってつながっていたりして、冒険気分が味わえます。秘密結社とも関連があったと言われており、ワクワクがとまりません!

更新日: 2016年11月03日

726 お気に入り 177368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

なんとRPGの世界を実際に体感できちゃう宮殿があります!

敷地全体がまるでRPGの世界なのです。宮殿、礼拝堂、美しい庭園や池、地下へと通じる螺旋階段、秘密の地下通路や洞窟、数々の石橋…敷地内いっぱいに、秘密の仕掛けが隠されています。

螺旋階段、地下洞窟の抜け道、回転扉、謎めいたシンボルなど、ゲームなどに出てきそうな世界が広がっている。

この宮殿はまさにゲームの世界!
井戸や洞窟、教会、お城等があって、昔やったゲームの主人公になったような気分になります。

FFとかドラクエとかクロノとか定番RPG好きは土下座するからお願いだからレガレイラ宮殿の動画を見てください写真を見てくださいそしてパーティーを組んで一緒に行ってください

「キンタ・ダ・レガレイラ」という宮殿です

ポルトガルの首都リスボンに隣接するシントラというところにあります。
レガレイラ宮殿は街の中心から歩いて10分ぐらいのところにあります。
http://www.regaleira.pt/

この宮殿は、17世紀に建築された王族の別荘でしたが、売却され様々なオーナーを経て、20世紀にブラジル出身のコーヒー商人モンテイロの手に渡り、オペラ舞台の設計士であるイタリアの建築家ルイジ・マニーニと、大幅に改造したとのことです。

建物内にあるフリーメイソンのシンボル

最下部の秘儀の泉とよばれる部屋にはテンプル騎士団のシンボルが掘られている事から、秘密結社フリーメイソンに関係していた建物であるともいわれています。

秘密結社なんて謎めいていてわくわくしますね。

1995年、シントラ宮殿やペーナ宮殿とともに「シントラの文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

世界遺産なのですが、なぜかあまりメジャーではありません

世界遺産としてはあまり知られていませんが、RPGの世界っぽいということで人気が出てきています。
近年は徐々にガイドブックにとりあげられるようになってきたようですが、評価は低いようです。
ただ、実際にここを訪れた人たちの満足度はとても高いです。

シントラの王宮やペナ宮殿はガイドブックで知っていたが、ここは知らなかった。

シントラ観光というと、ムーアの城壁、ペーナ宮殿、王宮の3点セットで行く方が多く、このレガレイラ宮殿は忘れられがちのような気がします。

シントラでの旅行は王宮、ムーアの城壁、ペーナ宮殿が大きく取り上げられており、何故かレガレイラ宮殿はそこまでフォーカスされていない事が多い。ただ、トリップアドバイザーで1位は示す通り、ここが一番面白いと思う。

レガレイラでの冒険を始める前にまず準備を!

この地図だけ見ても妖艶な雰囲気に満ちているじゃありませんか。この地図を頼りに魔法の森の探検です。ワクワク・・・

地図を片手に散策すれば、まるで宝の地図を持って探検しているような気分になれますよ。

隅々を探検するには半日位は必要かと。懐中電灯もお忘れなく!なぜ、懐中電灯が必要かって?それはね、いろんな仕掛けがあるからです♪

行く時は、懐中電灯を持っていった方がいいかも^^;
足下もけっこう危険で、けが人出ないのかなと危ぶんだ宮殿だった。

結構歩くようなので、歩きやすい靴と水も必須です。

城内めっちゃ歩くので、回復アイテムや移動速度の上がる靴などを装備していってください。

それでは冒険のスタートです!

入る前にちゃんとセーブしとかないとな…と思わせるたたずまい。

1 2 3 4