もしかしたら、あなたは自分自身でも、一度思い込んだり、怒りを感じたり、腹を立ててしまうと、理性を忘れかなりの暴言をはいてしまうといった、もう一人の自分が心に潜んでいる自覚があるかもしれませんね。
けれども、その後には反省と後悔をすることにより、自分で軌道修正のできる人であることも忘れないでください。
一人でもいいので心から信頼できる人をつくって、日ごろからあなたの考えを十分に聞いてもらっておいて。
気持ちを発散できるだけでなく、それに対する正直な意見を聞くことで、素直に自分を見直すチャンスも持てそう!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る