ギネスブックによれば、しゃっくりの世界最長記録保持者はアメリカのチャールズ・オズボーン (1894–1991) である。オズボーンのしゃっくりは 1922年に始まり、以後68年間、毎分40回(その後、毎分20回に低下)のペースで続いた。このしゃっくりはオズボーンが亡くなる1年前、1990年にようやくおさまった[2]。この間、オズボーンはバラエティー番組などに出演し一躍有名になったが、普通の生活を送っていたという。

また、イギリスの男性が脳腫瘍により2年以上しゃっくりをし続け、日本のテレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」の取材を受けた。そのことがきっかけで治療を行い、手術で脳腫瘍を取り除いたことで回復した

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

耳鼻科の先生が教える、しゃっくりを止める一番確実な方法

しゃっくりを止める方法はいくつかありますが耳鼻科の先生が教えるこの方法を試したところ止める事が一発で止まりました。

このまとめを見る